ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Thanks but No Thanks.

広告

f:id:insaneway:20190525153207p:plain:w150

Thanks but no thanks.誘いを受けた時の断り方の一つですね。最初のthanksが誘ってくれたこと自体への感謝を表し、2つ目のno thanksが誘いの内容に対して断っているわけです。単にno thanksするよりも丁寧ですよね。相手だって、単に断られるより、Thanksしてくれたほうがまた誘ってやろうという気持ちになるというもの。

今回は、そんなThanks but No Thanks.が使われているシーンをちょっと見ていきたいと思います。

ブレイキング・バッドから

ブレイキング・バッドからは、ウォルターとマイクの会話。ウォルターはメス作りを再開しようとしますが、メスの原料や販売ルートが悩みのタネ。ガスを殺してしまった今となっては、頼れるのはマイクのみなんです。そこで、金を山分けしようとマイクに持ちかけますが、マイクはThanks but No Thanks.と釣れない返事。ウォルターがやらかしたことを考えれば当然ですね。

ウォルター: But there's still distribution support, logistics, that sort of thing. For instance, we'll need a steady supply of precursor. With your experience and connections, you would be a great help. Granted, there's a lot of work ahead. There's a lot of rebuilding. And, no doubt, our profits will be smaller. At least at first. But each of us will receive a larger cut. Owners, not employees.

マイク: Thanks, but no, thanks.

Breaking Bad/Season 5/Episode 2

フレンズから

次のFriendsでも表現に細かい違いはありますが、全く同じ構造です。ビルのメンテナンス担当のためにダンスの練習パートナーとなるジョーイ。ダンスが気に入ったジョーイは、二人でダンスを踊りあげた後、さらにフォックストロット・タンゴもと誘いますが・・・メンテナンス担当は「練習は十分、あとは女の子と踊るだけ」と断ります(笑) ここも、単にnoだけだと冷たい感じになってしまいますね。

メンテナンス: Hey, listen. Thanks a lot, Tribbiani. Heh. Oh, my God! Look at the time. I got to catch the bus to the ball.

ジョーイ: Oh! Okay. Good luck.

メンテナンス: Yeah.

ジョーイ: Unless you want to practice the fox trot. Or the tango?

メンテナンス: Aw, thanks, but no. You see, I think I'm ready to dance with girls.

Friends/Season 4/Episode 4

f:id:insaneway:20190405220056j:plain

最後に

今回見たThanks but no thanks.は、相手の誘いにNoする時に丁寧な感じを出せる表現でした。最初に誘ってくれたことに感謝してから、誘い自体にNoするんですね。Noってキツイ響きになりがちですので、こういったテクニックで雰囲気を和らげることも重要です。特に、今後も付き合いがあるのなら尚更ですね。