ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

USA! USA! の連呼が起こるパターン

広告

f:id:insaneway:20190826220535p:plain:w120

このブログで取り上げる海外ドラマは9割以上がアメドラなんですけど、そんなアメドラ特有のシーンに、表題の「USA! USA!」と群衆(mob)が連呼(chant)するシーンがあります。赤の他人同士なのに、何かのきっかけでUSAのシュプレヒコールを上げ始めるんです。これって日本ではあまりないシチュエーションです。ま、これをもって、愛国心Blah Blah言うつもりは全く無いんですけどね。現象に興味あるだけで。

昔、初日の出を拝みに行った時に、太陽が顔を出した瞬間万歳三唱はありましたね。でも自然発生的じゃなく、毎年来てる感じの地元のおじさんが主導してましたけど(笑) 三回だけじゃなく結構繰り返していたので、あれなんかは上記USA!に当たるのかもしれません。

というか、そもそも「日本」って単語はchantしにくいですよね(笑) 「に・ほん」でも「にっ・ぽん」でも「じゃ・ぱん」でもなんかリズムに乗れない。「にっぽん、ちゃちゃちゃ」みたいに何か付けないと乗れない気がします。もしや、○・○・○のパターンがchantしやすいとか理論があるのでしょうかね? 日本はまだマシで、長い国名で略せない場合は、chantすらままならないのかもしれません。

閑話休題。そんなことを考えていたら、海外ドラマでどんな時に「USA! USA!」の連呼が起こるか気になってきました。まあ、ある程度想像はできるんですけど(笑) 手元に字幕ファイルがあるので、ちょっと検索してみましょう。

80年代女子プロを描いたGLOWのUSA!連呼シーン。アメリカ代表リバティー・ベル対ソビエト代表ゾーヤ・ザ・デストロイヤのレスリングシーンから。アメリカ国旗のコスチュームに身を包むリバティー・ベルが攻勢に回ると観客は総立ち。USA! USA!の連呼です。ちなみに、その後のリバティー・ベルのセリフも秀逸です。「自由」をどう綴るか聞いて、U・S・Aラリアットでゾーヤを仕留めます(笑) これなんかは、単純な正義アメリカ vs. 悪ソビエトという構図ですね。

観客: USA! USA!

リバティー・ベル: One quick question. How do you spell "freedom"? U... S... A!

GLOW/Season 1/Episode 7

f:id:insaneway:20190826225037j:plain
GLOW [Credit: Netflix]

お次はグッド・プレイス。ジェイソンは妻と別れる必要がなくなり喜びます。それをUSA!で表現。この場所はUSAでもないし(グッド・プレイス)、周りの人物もいろいろな国出身なので、ここで敢えてUSAを連呼する意味はないんですけど、ジェイソンの「困難を切り抜ける=正義は勝つ=USA連呼」という単純さを表現してますね(笑)

ジェイソン: I get to stay with my wife forever! We did it, Eleanor! USA! USA! USA!

The Good Place/Season 1/Episode 13

f:id:insaneway:20190826230003j:plain
The Good Place [Credit: NBC]

最後に

さて、海外番組内でUSA!連呼がされているシーンをかなり詳しく調べてみたんですけど、結局上記2パターンしかないみたいですね。スポーツなんかの国際試合で自国アメリカを応援する際のUSA!連呼と、単純な人物(通常男)が困難に打ち勝ちハッピーエンドを迎えたらUSA!連呼。後者は、その本人しかUSAをchantしないので、そこが滑稽になり笑いにつながるパターンです。例えると、TOEICの試験を受けて、試験結果が返ってきて、点数が目標の700点を超えてるからUSA!連呼する感じでしょうか?(笑) うーん、その場合はUSA連呼していいかもしれませんね(笑) それでは〜