ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Yada, Yada, Yada

広告

f:id:insaneway:20190525162120p:plain:w200

イラストを元に一発ネタ。子供が歯医者に連れて行かれるのを嫌がってますね。「やだ、やだ、やだ」と言っているに違いありません(笑)

でも英語だと、yada, yada, yadaってblah, blah, blahと同じ意味なんです。つまり、「何やかんや、云々」と、重要じゃないことを省略するときに使われる表現ですね。相手の話をこれを使って省略すると、「お前の言っていることは重要じゃない」という響きになりえますので注意ですけど。

Tangledの後日譚のBefore Ever Afterの冒頭にこのYada, Yada, Yadaが使われていました。ユージーンが前回の話のオサライをするのに、Yada, Yada, Yadaを途中使ってスキップしているのが分かります。

I'm just gonna give you the rapid-fire shorthand here. The sundrop created a golden flower with healing powers, creepy, old, Mother Gothel sang a song to said flower to regain her youth. Yada, yada, yada, the queen got sick, flower healed queen, queen gave birth to Rapunzel, who was born with the flower's magical healing powers, and everything was all flying lanterns and cheering subjects, until... Gothel stole the princess and kept her locked in a tower for 18 long years.

Tangled: Before Ever After

以上、海外ドラマで「やだ、やだ、やだ」と聞こえてきても嫌がってるのではなく、話の重要じゃない部分を省略しているというお話でした。