良い警官・悪い警官(Good Cop, Bad Cop)とは、容疑者の自白・譲歩を導き出すための尋問テクニックの一つ。最初に悪い警官が容疑者を脅し、それから良い警官が容疑者に取り入ります。海外ドラマの中の実際の例を見て、それが効果的なのかを確認してみます。

続きを読む

「cunt」は女性器の意味で放送禁止用語ですが、出てくる海外番組と全く出てこず「vagina」で代用する番組とがあるようです。その差は広告の有無にありました。「cunt」はネイティブにはどぎつく響くみたいです

続きを読む

Image by Thorsten Frenzel from Pixabay 前置詞シリーズの続き。前置詞upには尽きる、使い果たすイメージがあります。例えば、おなじみのゲーム終了を告げるtime's upはゲーム時間が尽きてしまった感じですし、drink upと句動詞にすれば、グラスの中の物を飲み尽くすと言うニュアンス。句動詞use upは全部使い切るイメージ。だから、used-upとハイフン付けて形容詞にすれば、使い古してボロボロの意。多分、例を挙げればずっと続けられそうですが、重要なのはupがそのイメージの源ということ。そういう意味では、time's upを単に終了と訳すと、この尽きたイメージが消えてしまいますね。指定された時間が費されてしまった、砂時計の砂が落ちきってしまった、そんなイメージが自分にはあります。 それでは、この尽きる意味で使われるupを海外ドラマの中から見ていきたいと思います。 ギルモア・ガールズから ダイナー経営のルークは、客のカークに食事を早く平らげろとお願い。用事があって今晩は店を早く閉めるようです。単なるfinishでなくfinish upとすることで、プレートのものを食べ尽くす感じが出ますよね。ここはeat upでも同じ意味。 ルーク: Finish up, Kirk. I'm closing up early. Gilmore Girls/Season 5/Episode 17 NYボンビー・ガールから 病院でのおなじみシーン。訪問時間が尽きてしまい、もう帰る時間です。具体的に数字を入れた2 hours are up.とかいう使い方もされますね。犯人から貰った3日間の猶予を使い果たしたときとか。 看護婦: Visiting hours are up. Friends have to leave. 2 Broke Girls/Season 1/Episode 16 ラピュタから 映画「ラピュタ」。3分間待ってやるのシーンで絶対このupが使われているはず、と思って英語字幕を調べたら、案の定time's upで使われていました(笑) これも指定の3分間が尽きたんですね。 ムスカ: Three minutes. パズー: Sheeta, calm dοwn and listen. Τeach me that spell. I'll say it with yου.

続きを読む

梅雨に入って体調管理が大変な時期になりました。梅雨といえば雨ということで、今回はrainy dayという表現を海外ドラマで見ていきます。save for a rainy day(いざという時のために備えて蓄える)という言い方もお馴染みですね。ちなみに、こういう梅雨→雨→rainy dayという一連の発想は、英語だとtrain of thoughtと呼ばれます。アイデアが列車のように一列に繋がっている感じです。 ブレイキング・バッドから 麻薬作りでサクッと7百万ドル稼いだウォルター。スカイラーは洗車ビジネスでマネー・ロンダリングするには何年もかかると計算。ウォルターはと言えば、Save it for a rainy dayです。当然元経理だけあって、スカイラーはwhere?ですけどね。ここで、set asideは取っておくと言う意味の句動詞。 スカイラー: I mean, this is nine months work here, minimum. Seven million? That could take years. ウォルター: So set some aside. Save it for a rainy day. スカイラー: Save it? Where? Breaking Bad/Season 4/Episode 7 Archerから いざという時のために貯めておいた貯金に手を出さざるを得なくなったアーチャー。でも、金庫を開けてみたら、超高級傘を買うのがやっとの額しかありませんでした。って一体いくらなんだろう? dip intoは貯金に手を出すという意味の句動詞。 アーチャー: Meanwhile, I have to dip into my rainy day fund, which is barely enough to buy an extremely nice umbrella.

続きを読む

as much asは原級の意味しか知らなかったので、最初このeven thoughの意味で出てきた時は混乱しました。辞書を引いて納得しましたが。ということで、結構出てくるこの「〜ではあるが」のas much asを海外番組の中で見ていきます。 フレンズから エミリーと長距離電話で話すロス。君に事好きだけど、ベン(息子)を置いてロンドンには行けないというロス。逆に、こっちに来てはとエミリーに提案します。 ロス: As much as I love you... I'm sorry, I can't move to London without Ben. エミリー: I understand that would be difficult. ロス: Would you consider moving here? Friends/Season 5/Episode 4 ブレイキング・バッドから テッドの会社で経理として働いていたスカイラーは、会社の脱税の片棒を担いでしまいます。しかし、会社に監査が入り、追徴金が課されてしまい、しかも払うお金が会社に無いことがわかると焦るスカイラー。このままでは、当時経理担当だったことから、自分まで司直の手が回って、マネーロンダリングの洗車ビジネスがバレてしまう恐れがあります。そこで、スカイラーはメス(ドラッグ)ビジネスでウォルターが稼いだお金をテッドに渡し、そのお金で会社に追徴金を払わすことで、自分のところに捜査の手が及ばないように画策。下記シーンはその後のスカイラーとテッドの会話。テッドはお金は受け取れないと小切手をスカイラーに返します。正しいことをしたいと今更言い出すテッドに、スカイラーはblackmail(恐喝)してるのでは?と考えます。 テッド: No. I'm just saying as much as I appreciate the gesture, the money you gave me doesn't really change anything. スカイラー: Because it's not enough?

続きを読む

この表現はIt's やThat's なんかと一緒に、その行動が「あなたらしい」ことを表現する時に使われる感じです。別にyouだけでなく、herでもhimでも人ならなんでもOK。人を見殺しに出来ない優しい主人公が、炎に包まれる家の中に赤ちゃんを助けに戻ったら、ヒロインが涙しながら「That's so you.」と言う感じでしょうか。感傷的なBGMと共に、スローモーションになれば完璧ですね(笑) それでは、海外番組内での使われ方を見てみたいと思います。 『フレンズ』から ハロウィンパーティーはコスプレすることになったフレンズから。みんな仮装しますが、ジョーイだけ普通の姿で現れます。しかし、自分はチャンドラーのコスプレをしていると言い張ると、フィービーがあなたらしいと言ってくれます。確かに服装がチャンドラーっぽいですが(笑) モニカ: You didn't dress up either? ジョーイ: Yes, I did. I'm Chandler. チャンドラー: Dude, what happened? How is that me? ジョーイ: I'm Chandler. フィービー: That is so you! Friends/Season 8/Episode 6 Friends [Credit: NBC] 『NYボンビー・ガール』から ダイナーオーナーの水槽を掃除するキャロラインは、魚のフンを捨てる際、魚も一緒に捨ててしまいます。一番高価な魚だったことから、私っぽいとします。元々お金持ちだっただけに、失敗するときまで、高価なもので失敗しちゃうキャロラインです。こんな感じで、この表現は自分にも使えますね。 キャロライン: I feel like there was a fish in that last one. マックス: Yup. キャロライン: Oh, no, it's the expensive one!

続きを読む

Image by yogesh more from Pixabay scratch thatはカジュアルな言い方の前言撤回。wiktionaryにも scratch that (idiomatic, usually as imperative) To disregard, omit, or ignore the previous statement. scratch that - Wiktionary と、前言(the previous statement)を無視(ignore)とありますね。ただ、imperative(命令的)とあるので、使う場合は注意が必要っぽいですけど。 ちなみに、scratch自体に間違い箇所に横線を引くの意味があるので、撤回になるのは納得でしょうか。前言に横線引いてる感じ。 あ、なんと、htmlでも<s>タグで打ち消しじゃないですか。もしや・・・と思って調べたら、<s>タグはscratchではなくstrike outから来てるみたいです。惜しい! それでは早速、海外ドラマでの使われ具合を確認してみましょう。誰に対して言ってるかも注目します。 This Is Usから This Is Usからは、元妻ソフィーとよりを戻したいケビンのセリフ。4年生のときに君がクラスに入ってきてくれたことが僕の人生の中でベストなことだったと言ってから、scratch thatで言い直し、結婚してくれるって言ったことがベストでそれは二番目と言い直すケビン。女心を分かっている憎い言い方です。ほ、惚れてしまうやろ・・・。前回紹介したfall forに惚れる以外に騙されるの意味があるのが、なんか分かります(笑) ケビン(元妻へ): You had on overalls, and you had one of those, uh, those scrunchie things in your hair and you had a Punky Brewster backpack. You walking into my fourth grade class, Sophie, that's the best thing that ever happened to me in my entire life.

続きを読む

fall into the wrong handsは、機密情報から核弾頭ミサイル、軍事衛星のコントロール権限までなんであれ、本来の担当者の手ではなく、違う人(通常悪の組織)の手に渡ってしまうこと。こうならないように、映画やドラマの中では正義の味方が頑張ってますし、渡ってしまったとしても、取り戻すべく必至に努力する様子が1エピソードになったりします。それでは、海外ドラマでの使われ方を見てみたいと思います。 HOMELANDから 自身の身が危険になったため、愛娘にビデオを残すキャリー。しかし、途中でクインに録画を止められてしまいます。あなたの元へ必ず戻るとは母親としては当然のセリフですが、クインに言わせれば、このビデオが敵に渡ってしまうとキャリーが生きてることがバレてしまい終わりになる。だからダイイング・メッセージにしろと言うわけで、母親としては辛い状況。ここで、fuckedは敵に(性的ではなく)やられると言う意味ですが、F-wordですのでどうしても使いたい時はscrewedが良いでしょう。 キャリー(カメラに向かって): But, honey, something happened, and it wasn't safe for me to be with you. But I am doing everything that I can to get- キャリー: What are you doing? クイン: If you're doing everything you can to get back to her, then you're still alive. キャリー: So? クイン: So if this falls into the wrong hands, you're fucked.

続きを読む

volumeと聞くと、スピーカーの音量だったり、科学の世界では体積を意味しますし、書籍の巻なんてのも表します。百科事典なんか数十巻から成ってたりしますからね。そのためかどうか分かりませんが、多量・たくさんという意味も別に持っているようです。この辺は日本人にはなかなかわからない発想です。ボリュームと聞いても、多いというニュアンスは全然なく、ニュートラルな感じしかしません。 そんな多量という意味で使われるのが、表題の表現 speak volumes です。多量という意味があると知らないと、なかなか意味が取りにくいです。そして、この表現を使った定番フレーズが Your silence speaks volumes. です。君の沈黙が多くを物語る、なんか格好いいですね。沈黙してるのに物語ってしまうという・・・。それでは、海外ドラマでの使われ方を見てみたいと思います。 ビッグバン★セオリーから カメラに写した方程式を解くスマホアプリを作り出し大儲けしようとするいつものメンバー。しかし、シェルドンがプロジェクトの主導権を握ろうとしたため、レナードはシェルドンをプロジェクトから追放します。翌朝起きてみると、シェルドンがアプリの設計改良を一人で済ましてしまっています。昨晩エルフがやってくれたみたい、とはシェルドン。しかし、レナードはこのアプリ改善を拒否。自分のやり方でやるとします。これにシェルドンは、that speaks volumesと言って、ケンカ別れです。 シェルドン: I think you'll be pleased with what the elves were up to last night. レナード: But I fired you. シェルドン: Oh, I know. I'm now an independent contractor. レナード: No, you are now nothing. You have no connection to this project whatsoever. シェルドン: But I made it better. レナード: I don't want it better.

続きを読む

swimminglyは物事がスムーズに進行している様子を表す副詞。と言っても、実際泳いでるわけじゃないんです。日本語イディオムのトントン拍子でもいいけど、スイスイの方がswimmingと関連があって個人的には好みかな。ちなみに、人間のswimmingはそこまでスムーズじゃないから、多分魚なんかが泳ぐところをイメージしているのでしょうね。 そこで、海外番組の中からこのswimminglyが使われている箇所をピックアップしてみたいと思います。どんなことがスイスイ行っているのかも注目です。 The Good Placeから 町の清掃をしているタハーニに掃除の進捗を聞くマイケル。タハー二は順調と答えます。このように、この単語だけでの使用もOK。 マイケル: Tahani! How goes the cleaning? タハーニ: Oh, swimmingly, Michael. The Good Place/Season 1/Episode 2 The Good Place [Credit: NBC] NYボンビー・ガールから ハンに依頼された水槽清掃中、キャロラインがハンの飼ってる高級魚を誤って流しに流してしまったところが次のシーン。ハンが現れて、「事は順調?」とキャロラインに尋ねます。キャロラインは、青い魚はみんなの前でトイレに行きたくないから家に戻ったと苦しい言い訳です。ここは、魚だけにswimminglyという単語のチョイスなわけですね(笑) こんな感じで、物事の進展が何にも邪魔されずスイスイ行ってるのを表せます。 ハン: Caroline, are things going swimmingly? キャロライン: Uh, oh, yeah. Swimmingly. Especially the blue one. He went in his little house. He doesn't like to use the restroom in front of his friends. 2 Broke Girls/Season 4/Episode 3

続きを読む

英単語gangは、ギャング同士の抗争が出てくる番組なんかでは文字通り日本語の「ギャング」として使われますが、日常会話で使われる際は「ツルンでいる遊び仲間」を意味します。いつも一緒にいるイメージです。と言っても、不良を意味するわけでは決してありません。ちょっとおどけて使う感じ。そこで、実際の使われ方を海外番組の場面から探ってみたいと思います。 Brooklyn Nine-Nineから 捜査官を集めたブリーフィングルームにテリーが入って来ながら、「Listen up, gang.」です。お前ら聞くんだ、って感じ。すかさず本題に入ります。ここでgangは本物のギャングでなく、署の同僚達ですね。このように、gangは同僚も表せます。 テリー: Listen up, gang. We have intel on a drop house used by Alexei Bisko, a Captain in the Ukrainian mafia. Brooklyn Nine-Nine/Season 2/Episode 11 It's Always Sunny in Philadelphiaから gangの使い方を教えてくれるピッタシのシーンがIt's Always Sunny in Philadelphiaにありました。このシーンがあったから、この記事ができたとも言う(笑) 年寄り達を自分のギャングだと答えても通じず、逆にお前はギャングに入っているのかとマジに取られてしまうのが次のシーン。そのギャングではないと「gang-gang」を使って説明していますね。このgang-gangのように2回繰り返すのもよくある表現です。「マジのギャングの方のギャング」というニュアンスです。 -Now, are those older guys your friends? -Oh, yeah. That's my gang. -Wait. Y-you're in a gang? -Oh, not like a gang-gang. It's Always Sunny in Philadelphia/Season 12/Episode 1

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960