「Biweekly」と「Bimonthly」の意味が曖昧な件について。「一週間に2回」と、「二週間に1回」の2つの意味があり混乱のもとのよう。言語学者はこの語彙を使わないように勧めているようです。最後に、同じ意味で別の言い方を『ビッグバン★セオリー』のシェルドンに学びます

続きを読む

www.waywordradio.org A Way with Wordsに面白いネタがありました。子供からの質問ですが、母親が「YesとNo」を同じセンテンス内で使ったというもの。9歳の子にとってはどちらを意味してるのか分からず、そこで今回の質問となりました。 正確な状況は次の通り: 母親と質問者と姉の3人が車で出掛けようとします。姉が「助手席に座っていい?」か母親に聞きます。いわゆるshotgunですね。母親は「No, no, no, absolutely yes」と答えます。 ここの最初のNoは母親自身についてのNo。すなわち、「私は心配しない、気にしない」。その後のabsolutely yesは娘の質問「座っていい?」に対しての回答。つまり、「座っていい」ということ。 これって日本語では起こりにくいと思うんですけど、どうでしょうか? いくらカジュアルと言っても、最低限「気にしないからいいわよ」くらいは言いますからね。Yes, Noだけで済ますことはないです。 ちなみに、この「Yes と No が同時に出てくる」回答は海外番組だとよくありますね。例えば、下記はオフィスの例。女上司と寝て、しかもそれを公言してしまったマイケルは、二次上長から呼び出しを受けます。それが以下のシーン。最初のNo連呼は「これは違うんだ、誤解だ」という意味の否定で、その後のYesは二次上長の「serious situationであることを理解している」ことに対する肯定。 二次上長: You understand this is a very serious situation. マイケル: No, no, no, no, no. Yes, l... Okay, well... The Office(US)/Season 2/Episode 16 と言った感じで、個人的に両方同時に出現するパターンは非常になじんだ言い回し。ですから、子供とは言え逆にネイティブが質問するのにちょっと驚きました。この子は、もうちょっと国内ドラマを見たほうがいいかも知れません(笑) ちなみに、ポッドキャスト内では、子供の出身がテキサスと知ると南部訛りに切り替わる回答者が素敵です。あと、母親の「No, no, no, absolutely yes」に対するこの子の反応「Whaaat?」が超かわいい。このWhaaatも混乱してる時のWhatで、海外ドラマではよく出てきますね。 トランプ大統領は逆に、YesともNoとも答えずバッシングを受けてましたっけ(笑)↓ www.serendipity.page

続きを読む

Image by Samuel Faber from Pixabay www.waywordradio.org ポッドキャストのA Way with Wordsを聴いていたら面白いネタがありました。曰く、「Howdy」は粗野な挨拶か? Howdyはあまり聞き慣れない挨拶ですが、海外ドラマだと南部の農場なんかで働いている日焼けして麦わら帽子被ってるおっさんが使うイメージ。トラクターで家に帰る途中で殺人事件を目撃してしまう感じです(笑) ちなみに、HowdyはHow do you do?が短縮された挨拶の一種。カタカナでハウディ。 ポッドキャストの内容に戻ると、質問者が最近この挨拶を使い始めると、妻がunculturedと言ってきたのだとか。非文化的w それで今回質問と相成ったわけです。 言語学者二人の回答によると、この挨拶はテキサスで使われ始めて広まっていった経緯があって、外部の人が聞くと粗野に聞こえるとかいう調査があるみたいですね。あら、やっぱし南部でしたか。 それにしても、podcastの中で、このhowdyを形容する英単語がメッチャ面白い。 uncouth(粗野な) uncultured(文化的でない) rural(田舎の) Southern(南部の) hillbilly(田舎者の) redneck(偏狭な) backwoods(僻地の) unsophisticated(洗練されていない) ものの見事にそっち系の形容詞ばかり(笑) それじゃあと、海外番組では誰がこの挨拶を使っているか調べたら・・・ テキサスに帰ったシェルドン: Howdy. The Big Bang Theory/Season 7/Episode 11 ビッグバン★セオリーのシェルドンが使ってた(笑) そう言えば彼はテキサス出身の設定だから、この場面は地元に帰って地元訛りが復活した状況なんですね。脚本家もなかなか芸が細かい。 ついでにHowdyを手元の辞書で調べると Howdy オッス オッスww これはうまい訳(笑) Howdy、ハウディ。今度使ってみたくなりました。みなさんもどう?

続きを読む

ポッドキャストラジオA Way with Wordsにものすごく面白い質問がありました。 なんでNumberをNo.と略すのか? これよく考えたら、不思議ですよね。質問者が言うように、どこにもoの字ないじゃん。どこから来たのよ? Nu.とかNr.じゃないの? 結局、二人の言語学者に言わせると、ラテン語numero(番号)由来ってことらしいですね。 出たよラテン語。英語学習で「なんでそうなるの?」ってのはだいたいラテン語の影響の気がするんですけど、私だけかな?(笑) 詳しくは長さ1分半のpodcast↓↓を聞いてみて下さい。リスニングのよい練習になるかもしれません。発声訓練を受けていない一般人が喋るので、聞きづらいこと間違いなし。でも、現実世界では発声訓練なんて受けてる人は一握りですからね。こういうナマの音源でリスニングを勉強するのもたまには良いと思いますよ。何しろ、無料だし。 soundcloud.com

続きを読む

Image by HeungSoon from Pixabay A Way with Wordsにじゃんけんについて興味深い質問が来てました。 www.waywordradio.org rock, paper, scissorsの順番についてです。質問者はpaper, scissors, rockという順番で呼ぶように育ったんですけど、大人になって他の人からそれは違うと指摘されたんだとか。ちなみに、日本語だとグーチョキパーの順が普通ですよね。他の順番ってあるのかな? でも、アメリカ内だと順番は結構まちまち。一応、現在の標準はrock, paper, scissorsみたいですけど、この番組の言語学者のホストが過去の新聞を調べたら、可能な全ての順番が出てきたのだとか。面白いですね。 ちなみに、手元の和英辞郎を「じゃんけん」で調べてみると じゃんけん paper, rock [stone], scissors ; paper, scissors, rock [stone] ; scissors, rock [stone], paper ; scissors, paper, rock [stone] ; paper-scissors-stone ; scissors-paper-stone ; scissors-stone-paper ; stone-paper-scissors ; stone-scissors-paper ; paper-stone-scissors, paper-rock-scissors, paper-scissors-rock, rock [stone], paper, scissors, rock [stone], scissors, paper, rock-paper-scissors, rock-scissors-paper, scissors-paper-rock, scissors-rock-paper 和英辞郎 うわー、なんかめっちゃ出てきたw 英国のstoneバージョンもカバーしてるので、すごいボリュームになってます(笑)

続きを読む

Image by Gerd Altmann from Pixabay A Way with Words | Maybe vs. Perhaps ポッドキャストのA Way with WordsにMaybeとPerhapsの違いについての質問がありました。これは英語学習をしてる身としても非常に気になるところです。 早速Podcastを聞いてみたところ、結局Perhapsの方がちょっとハイソな感じみたいですね。これは海外ドラマを見てきた自分の実感とも一致していて嬉しいところ。 というか、maybeが使われすぎちゃってるってだけかもしれません。YesからNoまですべてmaybeに含んでますし(笑) 実際、Urban Dictionaryにも maybe You can use this word for anything, it can mean yes or no or just an answer Urban Dictionary: Maybe って感じ。他にもシニカルなのが maybe Girl: Maybe = No. Guy: Maybe = Maybe. と、女性のmaybeはNoですって(笑) きっとデートに誘ってmaybeと言われてすっぽかされた経験があるんでしょうね(笑) ということで、会話で普段Maybe一辺倒の方は、たまにはPerhapsもいいかもしれませんね。ちょっと洗練された感じを出せるかもしれません。 嫌な野郎にデートに誘われたなら、maybeの方が良いのかもしれません(笑)

続きを読む

A Way with Words | Squeaky Clean Origin 以前紹介したSqueaky Cleanという表現。Squeakyはキーキーとかキュッキュッという音なので、Squeaky Cleanはキュッキュッと鳴るほどキレイ=ピカピカってことですけど、上記リンク先のA Way With Wordsにその語源が紹介されていました。なんと、お皿ではなく髪の毛がキュッキュッなんですって。うっそーん。髪の毛ってキレイって感じにはほど遠いと思うんですけど・・・。キューティクルとか豊富でサラサラってことなのかな? それにしても、質問をしてきた年配の女性ジュディは、最近若者と政治討論をしてた中でこの表現Squeaky Cleanを使ったとか。この場合は、その政治家の髪の毛がキレイってことじゃなく、政治家として清廉潔白という意味で使ったんですね。誰のことなんでしょうね? 政治家が清廉潔白とは少しOxymoronかもしれません(笑)

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960