熊を使って母を表す Mama Bear

子供の頃って、色んなこと気にしてましたよね。学校でNumber twoしないとか。大人になってしまえばアホらしいことこの上ないですが、子供の頃は真剣そのもの。トイレで💩した事がバレたらこの世の終わり的に受け止めていたわけです(笑) あの時の感情を二度と感じられないというのは寂しい限りですね。大人になって🚻行くのを我慢するのと子供の時に教室でトイレ我慢してるのとでは、我慢する事実は同じですが、気持ち的には全くの別物。🧠なんて究極的には電気信号なんだから、どうにかして感情をセーブできるようにならないものでしょうか? いつでもバックアップから当時の感情を戻せたら面白そうじゃない?(笑) そんな思春期、どんな子供でも必ず気にした事の一つが「親をどう呼ぶか」です。これは古今東西究極のテーマ。ママ派だった人は特に、いつお母さんにするのか? あとは、人前か否かでどう使い分けるのか? 友達の前でさすがに「ママ」は恥ずかしいし格好つかないのです(笑) あの時苦しんだ気持ちは、もう既にどこか遠くに行ってしまいました。もしかすると、この辺は男の子と女の子でだいぶ違うかも知れませんね。 さて一方、海外ドラマを見ていると、向こうの標準の呼び方は、小さい頃はmommy、daddyで大きくなるとmom、dadみたいです。となると、mommyからmomになる時期があるわけで、何歳くらいで切り替えるもんなんでしょう? その葛藤を扱った番組があったら見てみたいんですけど・・・自分はまだ見たことがありません。 mommy、mom以外にも、maという短い呼びかけもたまに使うキャラが出てきますよね。TBBTのハワードなんかがそう。父親には、popと呼びかけるのもたまに聞きます。しかし、maの対になるdaは聞いたことないですね。duhならしょっちゅう聞きますけど(笑) ところで、日本だとパパ・ママなのに、アメリカでpapa、mamaが主流で使われないというのは面白いですよね。これらを使うキャラで思い出せるのは、ストレンジャー・シングスの超能力使う女の子とマーベラス・ミセス・メイゼルのメイゼルくらい。 だから、米国人ってパパ・ママ使わないなーと思っていたんですけど、一つ使うパターンを見つけました。それが、記事タイトルのMama Bear。そう、クマに例える時ママを使うんです。mommy bearではなく。 海外番組で使われるシーンを見てみると・・・ 以下のシーンは、奥さん同士の挨拶で、相手のことをママベアー。 -Hi, Chloe. -Hey, mama bear. Big Little Lies/Season 1/Episode 2 The Officeでは、3人が家族みたいに見えるのをpapa mama baby bearで例えてます。 a Papa Bear, Mama Bear, Baby Bear thing. The Office(US)/Season 4/Episode 9 さて、ここで気になってくるのは・・・ なぜに、クマ🐻? 他の動物でもよさそうですけど。これが、Urban Dictionaryによると、 mama bear a mom who can be cuddly and lovable but also has a ferocious side when it's necessary to protect her cubs.

続きを読む

ビッグ・リトル・ライズはゲーム・オブ・スローンズで有名なHBOが2017年に解き放った上質のミステリだ。エミー賞をいくつか取ってたり、IMDb での現時点の評価が★8.6であることから分かる通り、必見であることは疑うまでもない。ミニシリーズでエピソード数が7と週末ビンジ・ウォッチングに最適な作品と言って良いと思う。以下小さいネタバレが多少含まれます。 www.imdb.com 物語はある学校でのコスプレイベントでの死亡事故から始まる。だが、誰が被害者で、事故死か、はたまた殺人の場合は誰が殺したのかは視聴者には全く知らされない。これは最後の最後まで隠される。そこからフラッシュバックでこの死亡事故に至るまでのことが時系列に説明されていく感じ。 最初の起点はシングルマザーのJaneと息子のZiggyがこの物語の海の町に引っ越してきて小学校の入学式に出席するところから始まる。同じ学校に通う子供を持つMadelineは、朝娘のChloeを車で送る途中に足をくじいてしまう。結果的に、この挫きが事故/殺人に至るというのが面白い。歯車が少しずつ狂っていき最終的にトンデモナイ結果、これこそバタフライ効果と言えるだろう。ちなみに、この足くじいたことが結果的に死亡事故に通じるのは、メインのフラッシュバックの途中に入る色々な証言者の証言から分かる。このように、メインのストーリーは入学式から事件当日コスプレイベントまでを時系列で追うのだが、途中途中に事件後の証言が入るので死亡事故のヒントになったり、単に視聴者を混乱させるだけだったりする。あと登場人物の説明にも一役買う。 このZiggy含めたのクラスメイト5人の家族(主に母親)がBig Little Liesのメインキャラクターだ。初日にMadeline, Janeと元弁護士のCelesteがママ友チームを結成し、実業家のRenataに対抗するのが基本図式だ。もう一人の母親Bonnieは夫がMadelineの元夫であることから関係してくる。子供同士のいじめを軸にし、この5母のいざこざでストーリーは展開していく。各家族も問題を抱えていて、Madelineは元夫との間の娘との関係、Janeは子供の父親、Celesteは家庭内暴力等々。ちなみにMadelineの現夫はAdam Scottが演じてて、髭生やしているからパークアンドレクレーションで見慣れてたはずなのに分からなかった(最後髭剃って気付くw)。 さて、先に述べたように視聴者はコスプレイベントで誰が死ぬのか全く分からないのだが、エピソードが進むにつれ、全家族のテンションが高くなって精神的に行き詰まって行き、最終話では誰が死んでもおかしくない一瞬触発の状態に陥る。しかし、探偵物のように結末を推理するのは不可能なので、頭を空っぽにして楽しんだ人が勝ちの作品かもしれない。それでも、誰もが殺人の動機を持つよう持っていった脚本は素晴らしいの一言。 最後の結末は多分色々議論はあるだろうが、タイトル「ビッグ・リトル・ライズ」の真の意味が最後にわかったので自分はよしとする。見終わった後、もう一度見返したくなる作品です。 ↓シーズン2来たー www.serendipity.page

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960