This Is UsのNagasaki - ドラマの中の英語 ちょっと前の記事でThis Is UsのNagasakiという動詞を紹介した時、何故広島でないんだろうと疑問に感じましたが、それじゃあということでこの週末、海外ドラマの中で広島と長崎はどちらが多く使われるかを調べてみました。ついでにどのような文脈かも。もしかしたら、This Is Usが長崎を選んだ理由も見えてくるのかもしれません。いつものように、調査は自分が見たドラマ限定です。曖昧検索で似た文字列もヒットさせます。 Twin Peaks(場所) 昔長崎に居たそうです。長崎が先に得点、長崎(1) - 広島(0) My family was at Nagasaki. Twin Peaks/Season 2/Episode 6 Desperate Housewives(原爆) 原爆サバイバル本の内容でちょうど長崎の箇所を読んでたみたい。長崎(2) - 広島(0) -What are you reading? Tips for Surviving a Nuclear Attack. The people of Nagasaki never saw it coming. Desperate Housewives/Season 8/Episode 6 Numb3rs(歴史) オッペンハイマーの話です。広島初得点。長崎(2) - 広島(1) You know, after seeing the destruction at Hiroshima, Robert Oppenheimer spent the rest of his life fighting nuclear proliferation and totally destroyed his career, but he valued the lives of his friends and family even more.

続きを読む

はじめに このイディオムはテストなんかには出ないと思うけど、海外ドラマでは、つまり日常会話では非常に使われる表現。体感だと10エピソードに1回くらいの割合で出て来る気がするほど。なんでこんなに使われるのかわからないけれど、海外ドラマを見るのに最初の方に覚えるべきイディオムであることは間違いない気が。まあ、日常会話で”ホント勘弁してよ”とか”今回は大目に見てやれよ”とか”見逃してやれよ”は結構あるシチュエーションだからかな。slackに息抜き・一休みという意味があるみたいだけど、使われる時は決まってsomeが付くし、動詞は決まってcutになっている。辞書にはgiveの方の使用例も載っているけれど、ドラマで使われるのはほとんどcutの方。今回はこのイディオムが本当に使われていることを示したいので、状況説明は抜きに例をたくさん載せることにします。 海外番組からの例 フレンズからは、ロスを勘弁してやれ。チャンドラーのアイデアなんだから。 Hey, cut him some slack. It was Chandler's idea. Friends/Season 2/Episode 8 ギルモア・ガールズでは、ディーンを寛大な目で見てあげて、彼はあなたに夢中なんだから、とローリーは言われます。 You have to cut Dean some slack. He's so crazy about you. Gilmore Girls/Season 2/Episode 13 Homelandからは、パーティーに現れなかったブロディにお冠のジェシカ。大目に見てあげろとなだめられます。innocent until proven guiltyは推定無罪。 you might want to cut him some slack. Cut him some slack? Hey, innocent until proven guilty, Jess. Homeland/Season 2/Episode 3 Orange is the New Blackからは、お願いだから今回は見逃してと乞う場面。

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960