今回紹介する○○ it is.は、複数の選択肢から一つ選ぶ時に使われる表現。辞書見ても文法書見ても載ってなかったので(探し方が難しいので見逃してる可能性も)、とりあえず選択の○○ it is.とでも呼んでおきます。 これがよく使われるのは、消去法等で残ったものを指す時。例えば、友達数人と出先で昼食を取るとします。そして、寿司と中華とパスタが候補としてあるとしましょう。友達の一人が「私妊婦だから寿司はちょっと・・・」と寿司にNGを出します。次の友達は「私脂っこいものは最近控えているから中華は・・・」と言ったとしましょう。はい、この時点で選択肢で残ったのはパスタしかないですね。そこで「Pasta it is.」です。「じゃあ、パスタにしよう」とか「パスタしかないね」とかいう感じ。簡単ですね。 この表現に気付いたのは今から2ヶ月前。皆さんご存知の物を手渡しする際の「Here it is.(はい、どうぞ)」なんかと同じ倒置の一種くらいの認識でしたが、それ以降に見た海外ドラマでも結構使われていて、なんだこれは?と辞書を調べることになった次第です(見つからなかったけど)。 こういう自分のレーダーに一旦現れて認識すると、それ以降色々なところで使われているのに気づくってパターン、英語学習してるとよくありますよね。それ以前にその表現が全く使われていなかったわけではなく、単に自分のレーダーの精度が荒かっただけで、見逃していただけなんですけど。自分の実力向上に気づける瞬間でもあります。 早速今回も、海外番組内でのこの表現の使われ方を見てみます。 ベター・コール・ソウルから ベター・コール・ソウルの最新エピソード(みんな見てるのかな?)でもこの表現が使われていました。以下のシーンはジミーが職探しから帰ってきたところ。食料を買い込んで来て、どこで食べるかキムに尋ねます。カウチが良いというキムに、「じゃあカウチで決まり」とジミー。こんな感じで、複数の選択肢があって、最後に一つ決まった時に使われます。 ジミー: I hope you're hungry. I bought way too much food. キム: Yeah. I can always eat. ジミー: Counter or couch? キム: Couch is good. ジミー: Couch it is. Better Call Saul/Season 4/Episode 2 Better Call Saul [Credit: AMC] Key & Peeleから Pizza Orderという寸劇の最後にこの選択の○○ it isが使われていました。ピザ屋のバイトが客の妄想の中の女性クレアに恋する感動的な話と思いきや・・・(笑) ラプンツェル ザ・シリーズから 王妃とラプンツェルは流星群を見に山へ向かいます。どこで見るのがベストか、王妃は地図を見て、セゾン山南尾根に決めます。これに、ラプンツェルも「Then the southern ridge it is!

続きを読む

Key & Peele [Credit: Comedy Central] Key and Peele - ドラマの中の英語 やばい、YouTubeが面白すぎて、このBlogのタイトルを「英語学習はYouTubeでおk」にしたくなってきた今日このごろですが、昔紹介したお笑いコント番組のKey and Peeleから、お笑いコント全訳と共に英語表現mehの紹介します。動画ではmの音が落ちて簡易形のehですが、意味は同じ。mehはオチに使われているので、しかもジェスチャー付き(しかめっ面で手ひらひら)なので、意味の理解は容易だと思います。まずは、公式サイトの動画を御覧ください。 内容は、既存リアリティ番組の風刺です。全国から集まった見習いシェフに一流のシェフが課題を与え、それに合格できないと脱落、最後まで残れば賞品という典型的なリアリティ・ショーの設定。見習いのドゥルーがシェフに自分の料理を出すところ。シェフは果たしてその味を認めるのか? リアリティ・ショーにありがちな緊張BGMと共に、”手のひら返し”をこれでもかと繰り返すシェフ。ちなみに、字幕を見ると省略されたセリフも入っているので、本編はもっと繰り返しているみたいですね。それにしても、"BAD"からの"マイケル・ジャクソンBAD"はすごい発想(笑) 見習いも褒められてるかどうか分からず、ちょっと考えてからThank youです。 シェフ: UNBELIEVABLE. WELL, DREW, I HAVE A HUGE PROBLEM WITH THIS DISH.(信じられないよ、ドゥルー、この料理には重大な問題がある。) シェフ: IT'S THAT YOU HAVEN'T MADE IT FOR ME SOONER. (なんでもっと早く作ってくれなかったんだ。) 見習い: THANK YOU, CHEF. (ありがとうございます、シェフ。) シェフ: BECAUSE IF YOU HAD, DREW, THEN I WOULD KNOW HOW GOOD YOU ARE AT COOKING FOOD THAT'S BAD. (なぜなら、もっと早く作ってくれていれば、君の料理がこんなにBADとすぐ分かったからね。)

続きを読む

Nathan for Youを紹介した際に、番組の一部を見れるということで紹介したYouTubeのチャンネルComedy Central。ここには他にも色々なコメディ番組がアップされているみたいですが、この中で再生回数が多いものを見たら、Key and Peeleという番組が独占していました。一番多いものは1億回以上ということで、いつものようにIMDbを調べると★8.3と相当の高評価。これ見なければと、YouTubeにアップされている番組の半分くらい(100程度)を見たら、これが結構面白い。この二人は両者ともに白人と黒人の間に生まれたみたいで、普通の白人・黒人なんかには絶対できない差別ネタのお笑いをこれでもかと攻めてきます。黒人に対するNワードとかバンバン飛び交います。危なすぎて純粋日本人の私ですら冷や汗モノ。ナチスまで出てきます(汗) アップされている動画は、数分の完結ショートコメディなので、良いところで切れることは無いのでご安心を。他にも、有名映画ドラマなんかの典型的プロットを皮肉ってたり、アメリカ文化を皮肉ったり。英語は字幕がついているので(ちょっと同期あってないけれど)、頑張れば見られるはず。まあ、彼らが扮する役によっては、スラングバリバリだったりするので分からないこともあるけれど、その内容を推測するのも面白い。そうそう、彼らの扮装も凝っている感じ。ここでは、自分が好きなビデオを貼っておきます。 まずは再生回数トップの代理先生から。この高圧的先生が白人生徒の名前を間違いまくるだけですが面白い。この先生はアクセントから黒人ってことなんでしょうか。生徒が名前間違ってますと言ったのに対し、「お前戦争行きたいのか」と聞いてから、「I'm for real.(マジだぜ)」というところで吹き出しました。黒板の板書まで仕込んであって芸が細かい。 www.youtube.com 次は帽子の決闘から。どっちの帽子が新品かで競い合います。英語を理解できなくても面白い。最後のオチはCGなんでしょうか? www.youtube.com あまり貼りすぎると重くなるのでこの辺で。他にも200程動画がありますので、見たい方は下のリンクからどうぞ。実際の番組は、これらのショートコメディが数本あって、それ以外に客の前で二人が雑談するのもあるようです。いやー、あっちのコメディってシットコムしか見たことなかったので(Nathanは除いて)、すごい新鮮に感じました。 www.youtube.com www.imdb.com

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960