(追記)https://www.serendipity.pageに移りました ブログのURLがhttpsに SSLとはサーバとブラウザ間のデータやり取りの暗号化の技術のことですね。データを悪者に盗み見られても、暗号化されていれば安心ということ。URLがhttpsになってるのが「SSL使ってまっせ」という合図です。 実は本ブログって、SSLの設定してなかったんですよね。だって、別にこのブログの記事を暗号化する必要ないじゃないですか(笑) 内容に機密情報があるわけでもないから盗み見られても問題ないし、読者の皆さんに個人情報とクレジットカード番号を入力してもらうわけでもない。 逆にSSLって、データのやり取りの際に暗号復号化をするので、少しだけ動作が遅くなるんです。だからいいかなって。パスって感じ。 でも、ブラウザで警告が出るのがうざく感じてきたんで、SSLの設定しちゃいました。こういうのを、英語ではspur of the momentと言いますね。深く考えないでその場のノリ、思いつきってニュアンス。設定自体は、管理画面で一箇所設定オンにするだけでした。 今度からは、 https://insane.hatenablog.com/ と https になります。ブックマークしてる人がいたら、直してくれると助かります。一応、自動でhttpsの方に移る処理は入れたんですけどね。 ちなみに、はてなのSSLの設定は片道切符(one-way ticket)。つまり、一度設定したら戻せないんです(笑) さて、これを軽い気持ちで「先ほど」寝る前に実施したんです。そうしたら、設定オンにする以外にも、いろいろ考えないといけないことがあることが分かってきて冷や汗。 例えば、記事本文中に別の記事へのリンクを作ったりしますよね。こんな感じ。残念ながら、これは旧URLのままなんです。自動で変わってくれない(泣) そりゃそうだ。 つまり、手動で直さないといけないんです。これがものすごく大変。sをpと:の間に入れる作業を黙々と1時間。最後の方、sキーを押す指が震えてましたもん。怒りと情けなさで。企業の人事部の方で、追い出し部屋を模索してる人は、httpをhttpsに修正させる作業を与えるといいんじゃないかな。すぐ退職に追い込めるから(笑) そのくらいきつかった。 いやー、今回の教訓(lesson learned)は 寝る前に設定をいじるな! ですね。いや、マジで冗談抜きに(笑) 子供のときって、「寝る前に爪を切るな」とか、なんの科学的根拠もない迷信がありましたよね。英語だと、old wives' taleと呼ばれるんですけど。そのold wives' taleに寝る前に設定をいじるな!を是非とも追加していただきたいです(笑) さて、SSLの設定後、記事を書いても問題ないことを確認するため、この記事を今現在書いているんですけど、多分大丈夫かな。 オレンジ・イズ・ニュー・ブラック ジョーク そうそう唐突ですが、ここまで読んで下さった皆さんに、海外ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」に関連したジョークをボーナスで紹介。ちなみにこのドラマは、女子刑務所での人間ドラマを描き出す作品。かなりの名作なのは、IMDbで★8.1なのが多くを物語ってるかな。ちなみに、題名のオレンジは、あのオレンジ色の囚人服のことを指してますね。 2016年に米国大統領がオバマからトランプに換わった時、その状況がOrange Is the New Black であると呼ばれたんです。何ででしょうか? トランプの愛称の一つがオレンジであることと、オバマ大統領が黒人であることを念頭に入れてOrange Is the New Blackを再度読んでみて下さい。ほらね、ものの見事にオバマ→トランプを表してるでしょ(笑) このドラマって、実は自分は前半シーズン見終わったまま止まっているので、時間があれば視聴再開したいな Orange Is the New Black

続きを読む

Situation 最初に習う基本的な英単語って、意味は大体ニュートラルじゃないですか。例えばsituationと言えば「状況」。詳しくどんな状況だか述べるためには通常形容詞が必要ですね。terrible situationだったら酷い状況、といった感じ。 だから、次のような表現が出てくると面食らうんです。 We've got a situation. Breaking Bad/Season 4/Episode 12 どんなシチュエーションやねん!と。生のsituationだけじゃ説明不足の感じしません? 何かが欠けてる感が半端ない(笑) でも、これでいいらしいんです。意味は「緊急事態」。つまり、「緊急事態発生」と上のセリフは言ってるわけです。 これが記事題名の「ニュートラルでない意味「も」ある英単語」の意味。通常ニュートラルなのに、ニュートラルでなくなる場合もある。そんな英単語をもう少し見ていきます。 Attitude attitudeは「態度」ですね。これもニュートラルしかありえないじゃん、とフラグを立てておきます(笑) 下記セリフはレストラン行った場面。テーブルにウエイターが付きました。でも態度が・・・。これだけだとウエイターの態度が一体どうなのか全然分かんない。でもUgh言ってるので否定的かな。ここも必要な形容詞がないんです。形容詞の重要性が逆に分かってきたかも(笑) I think our waiter has an attitude. Ugh. The Mindy Project/Season 3/Episode 2 実際の意味は、なんと「横柄な態度」でした。なんじゃそりゃw せめてarrogantとか付けて欲しいなーと思ったり。いずれにせよ、チップは少なくなります(笑) Mood 最後のmoodはムード・機嫌。これだけじゃどんなムードか想像できないでしょ? でも下のセリフを見ると・・・謝ってるくらいだから、通常のムードではなかったことは確かです。 Look. I'm sorry. I'm just in a mood. Orange is the New Black/Season 4/Episode 3 正解は「不機嫌」。まあ、上機嫌でないのは想像できたけど。それでもさ、in a ○○ moodとかして欲しくない? 望みすぎ? 最後に 今回はニュートラルでない意味がある英単語をピックアップしてみました。多分他にもあると思うので、海外ドラマなんかで探してみて下さい。ポイントは、形容詞の喪失感。説明なんか足りないぞ? そんな生な英単語が出てきたら、そいつは十中八九特別な意味を持っています。その時はぜひ辞書を開いてみて下さい。ボキャブラリーを広げる大チャンスです!

続きを読む

Image by mohamed Hassan from Pixabay フィラーって聞き慣れないけど、英語ではfiller。つまり字義的には満たすもの。では何を満たすのか? 実は、会話の間を満たすつなぎ文句の意味なんです。日本語だと「えーと」なんかがそうですね。特に意味はない。 このフィラーの面白いところは、無意識に出てしまうところ(笑) そう、勝手に出るんですね。しかも母国語のが。だから、英語で話してる最中にも日本語版が出てしまうw 自分はフィリピンに短期留学してた時、これをよく直された思い出があります。こんな感じ。 I have a pen. え~~~と、 It is special to me. ん~~~と、 無意識で出るから気付けないし、直せないんですよね(笑) その時は本当に苦労した記憶が・・・ でも、フィラー自体をなくすことは不可能なんですよ。事前に文章作ってない限り。神様でもないんだから。頭の中のアイデアを即言語化、論理的、かつ文法バッチリなんて誰もできません。しかも第二外国語だし。そもそも、アイデア自体が頭の中に無いことも多いし(笑) ということで、結局英語のフィラーを身につけるしかないという結論です。ちなみに、自分は以前は、フィラーって万国共通だと思ってたんですけど、全然違いました。海外ドラマを見たらその多様さに驚いた次第です。 外国人が日本語のスピーキングテストを受けてるとして、 わたしは日本にすんでいます。 Let me see... りょこうをするのが好きです。 I mean, well... って言ったら、やはりおかしいですからね。逆も然りです。英語で話す時は英語のフィラーです。 ということで、いつものように前振りが長いですが(笑)、英語のフィラーを何回かに分けて見ていきたいと思います。 今日は最も簡単なum。発音記号だと/əm/、アムって感じかな。それではどうぞ。 シェルドン: Um... As you know, several weeks ago in our first encounter... we may have gotten off on the wrong foot... when I called you an idiot. And I just wanted to say that I was wrong.

続きを読む

Image by Manolo Franco from Pixabay 動詞の Bitch - ドラマの中の英語 以前、bitchの動詞形を見てみたことがありました。口うるさくガミガミ言う感じですね。そこで今回は初心に戻り、みんな大好き(?)bitchの名詞形を見てみたいと思います。ただし、もう既に日本語化した「ビッチ」にある「尻軽・誰とでも寝る」というニュアンスではなく、厄介なことを意味する方のbitchです。性悪といったニュアンス。どんなことをbitchと海外ドラマの中で言っているのか、場面説明は省いて列挙していきます。 Leadership's a bitch, huh? The Mentalist/Season 3/Episode 6 リーダーシップは厄介ですね。才能がない人にはbitchなんでしょうね。 How long am I going to have to work down here? Commute's a bitch. Person of Interest/Season 1/Episode 5 通勤はbitch。分かる。特に満員電車なら尚更。 Don maroni set the rates last year. And now I'm raising the prices. Inflation is a bitch. Gotham/Season 1/Episode 11 みんなが値段を上げるから、自分も上げざるを得ない悪循環。インフレはbitchです。 Parking in New York is a bitch.

続きを読む

Image by Free-Photos from Pixabay 海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合 - ドラマの中の英語 ちょっと前に、動名詞の意味上の主語の記事を書いたので、今回はto不定詞の意味上の主語(of + 人、人の性格のパターン)を考えていきます。多分学校では、通常はforにして、人の性格の時はofにするという変なルールを習ったはずです。実は、海外ドラマを見ていたら、高校(?)の時に習ったこの説明に違和感を感じるようになっちゃいました。その辺を明らかにするため、今回は使われるシーンを沢山選びます。そして、使われているセリフを一行抜き出すだけで、場面の背景説明は省きます。それでは、ドラマの実例を列挙して行きましょう〜 it's sweet of you to say. NCIS/Season 7/Episode 20 「言ってくれるなんて優しいのね」。この辺は分かる。 It's kind of you to give them a lift. Downton Abbey/Season 4/Episode 8 「彼らを乗せていってくれるなんて優しいのね」。to不定詞で形容詞がkindなのでof。 Oh, it's really sweet of you. Glee/Season 4/Episode 21 「まあ、あなたって本当に優しいのね」。to以下が省略。 That's really sweet of you. Grace And Frankie/Season 4/Episode 1 「ご親切に感謝」。That'sになる。 Oh, that's sweet of him. The Flash/Season 1/Episode 14 「まあ、彼って親切」。 That's very kind of you.

続きを読む

海外ドラマはコスパ最強かつの最短経路の英語勉強だと思ってますが、問題は自分の脳が会話に超最適化されてしまう点。海外ドラマ脳とでも呼べばいいのか・・・。それをつくづく感じるのが、動名詞の意味上の主語を所有格にするか目的格か。つまり、 my doing this and doing that me doing this and doing that のどっちを取るかです。当然ドラマ脳などで、後者が自然に感じてしまいます。しかも、どう発音するかまで聞こえてきます。meが強調されてちょっと伸ばされる感じ。 そこで、動名詞の意味上の主語を海外ドラマの字幕から適当にピックアップして、果たして割合がどうなっているのか見てみます。検索を簡単にするため一人称に限定。動詞を適当に選択することで、大体の割合が見えてくる筈です。 Are you sure you're okay with my doing this? Homeland/Season 1/Episode 10 Are you sure that you're okay with me doing this? This Is Us/Season 1/Episode 13 上で例に出したdoing thisで検索すると、約90%が目的格ですね。 I hope you don't mind my asking. Orange is the New Black/Season 3/Episode 4 I hope you don't mind me asking... how's William doing?

続きを読む

I Mean It. / 本気(マジ)だから。 - ドラマの中の英語 ドラマを英語で視聴する上で押さえなければいけない動詞ベスト10を選んだら、絶対入賞するであろう動詞、それがmean。そして、meanの持つすべての意味が会話でよく使われるという意味においても、意味を理解しておいて全く損は無い英単語とも言えます。そういう意味では、お手持ちの辞書のmeanの欄全体に目を通すのはオススメです。以前本気のmeanをやったので、今回は別の意味のmeanを紹介します、しかも同時に2つ(笑) 先日そんなことが可能なセリフに出会いました。それが、表題のnot mean to be meanです。これはイディオムとか頻繁に使われるとかではなく、単にmeanの意味を1センテンスで2つ同時に把握できるってだけです。早速実際のドラマのセリフをみていきます。 ギルモア・ガールズ ローリーは自分が書いた新聞記事の下書きを同級生に読んでもらいます。感想はmean(意地悪)の一言。しかも、読み進めていくうちに記事がmeanerになるというおまけ付き。どんな記事なんだ(笑) 私って意地悪?と考えるローリーは、思い当たるフシがありました。あの時もそうだった。意地悪するつもりじゃなかったのに、意地悪になってしまった・・・。意地悪で批判的で無神経な私、と落ち込みます。ローリーのセリフの最初のmeanは動詞で、意味は「〜するつもり」です。この意味で動詞を伴って使われる時はto不定詞です。ここでは否定しているので過去形も考慮すると「〜するつもりじゃなかった(のになってしまった)」になります。それでは何をするつもりじゃなかったのかと言うと、それが二番目のmeanです。be動詞の後ろなので形容詞で、意味は「意地悪な」です。つまり、「意地悪するつもりじゃなかった(のになってしまった)」ということになります。 ローリー: I didn't even mean to be mean, and I was mean. Mean and judgmental and insensitive. Gilmore Girls/Season 7/Episode 8 Gilmore Girls [Credit: The WB] Orange is the New Black SuzanneとPiperがムショのトイレ掃除をしている時の会話から。PiperはSuzanneに過去意地悪してしまったことを反省し、意地悪するつもりじゃなかったと伝えます。ほとんどGilmore Girlsの例と同じ構成ですが、二番目のmeanにtoが付いています。形容詞のmeanはmean to someoneで「〜に対し意地悪する」という意味になります。面白いことに、今回紹介したmeanの二つの意味は両方ともtoを伴うことができますね。 Piper: I didn't mean to be mean to you. Orange is the New Black/Season 1/Episode 12

続きを読む

はじめに このイディオムはテストなんかには出ないと思うけど、海外ドラマでは、つまり日常会話では非常に使われる表現。体感だと10エピソードに1回くらいの割合で出て来る気がするほど。なんでこんなに使われるのかわからないけれど、海外ドラマを見るのに最初の方に覚えるべきイディオムであることは間違いない気が。まあ、日常会話で”ホント勘弁してよ”とか”今回は大目に見てやれよ”とか”見逃してやれよ”は結構あるシチュエーションだからかな。slackに息抜き・一休みという意味があるみたいだけど、使われる時は決まってsomeが付くし、動詞は決まってcutになっている。辞書にはgiveの方の使用例も載っているけれど、ドラマで使われるのはほとんどcutの方。今回はこのイディオムが本当に使われていることを示したいので、状況説明は抜きに例をたくさん載せることにします。 海外番組からの例 フレンズからは、ロスを勘弁してやれ。チャンドラーのアイデアなんだから。 Hey, cut him some slack. It was Chandler's idea. Friends/Season 2/Episode 8 ギルモア・ガールズでは、ディーンを寛大な目で見てあげて、彼はあなたに夢中なんだから、とローリーは言われます。 You have to cut Dean some slack. He's so crazy about you. Gilmore Girls/Season 2/Episode 13 Homelandからは、パーティーに現れなかったブロディにお冠のジェシカ。大目に見てあげろとなだめられます。innocent until proven guiltyは推定無罪。 you might want to cut him some slack. Cut him some slack? Hey, innocent until proven guilty, Jess. Homeland/Season 2/Episode 3 Orange is the New Blackからは、お願いだから今回は見逃してと乞う場面。

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960