句動詞 Live with, Pay off

句動詞 Live with, Pay offの意味を海外ドラマのシーンを通して見ていきます。最後に、英語勉強はpay offするかを少し考えてみました。

続きを読む

Image by Manolo Franco from Pixabay 動詞の Bitch - ドラマの中の英語 以前、bitchの動詞形を見てみたことがありました。口うるさくガミガミ言う感じですね。そこで今回は初心に戻り、みんな大好き(?)bitchの名詞形を見てみたいと思います。ただし、もう既に日本語化した「ビッチ」にある「尻軽・誰とでも寝る」というニュアンスではなく、厄介なことを意味する方のbitchです。性悪といったニュアンス。どんなことをbitchと海外ドラマの中で言っているのか、場面説明は省いて列挙していきます。 Leadership's a bitch, huh? The Mentalist/Season 3/Episode 6 リーダーシップは厄介ですね。才能がない人にはbitchなんでしょうね。 How long am I going to have to work down here? Commute's a bitch. Person of Interest/Season 1/Episode 5 通勤はbitch。分かる。特に満員電車なら尚更。 Don maroni set the rates last year. And now I'm raising the prices. Inflation is a bitch. Gotham/Season 1/Episode 11 みんなが値段を上げるから、自分も上げざるを得ない悪循環。インフレはbitchです。 Parking in New York is a bitch.

続きを読む

そう言えば、ネットフリックスのオリジナルドラマOzarkのシーズン2がいよいよですね。今月末からとか。湖の畔の町オザークでカルテルの資金洗浄を行う主人公。しかし、地元のドラッグ元締め一家がカルテル側の担当者を殺してしまって話は複雑に・・・、というのがシーズン1だったかな? 復習しないと(笑) それにしても、 There is no off-season. とはどういう意味だろう? オフシーズン。今回はオザークでの閑散期の話なのかな? 何回見てもトレーラーわけわからん。まあ、8/31を素直に待ちましょう。今から楽しみなのは間違いなし。

続きを読む

洋の東西を問わず、最初小さい雪玉が坂を転げ落ちるうちに大きく成長するイメージは共通のようです。しかし、日本語では「雪だるま式に増加」と雪だるま(snowman)を使い、しかも副詞として増加を形容しているのに対し、英語はsnowball一語で動詞になるのが大きな違いですね。そこで、海外ドラマでの使われ方で微妙なニュアンスを掴んでみたいと思います。 Castleから 最初は紙での切り傷と小さいところから始まり、しかしその呪いはだんだん大きくなっていくとsnowballで述べてます。最後に何が起きるか、ちょっと想像すると怖いですね。こんな感じでsnowballは、最初は小さく、次第にでっかくなっていくイメージですね。 The curse gave me a paper cut. These things start small, then they snowball. Castle/Season 2/Episode 19 オザークへようこそから Ozarkでは、snowballが転がって大きくなるのをsnowball効果として使っています。人々が決断しアクションを起こすと、事が起こって、それが更に他の人の決断を促し、アクションが起こり事が起こる。このサイクルは永遠と続く、雪玉が転がり続けるように。 Things happen because human beings make decisions, they commit acts... and that makes things happen. And it creates a snowball effect with the... you know, their world around them, causes other people to make decisions. Cycle continues, snowball keeps rolling. Ozark/Season 1/Episode 8 Parks and Recreationから アンが人工授精のため精子提供者を公募すると、続々と応募者が集まってきます。そこで面接をして最終決定するアンとレズリー。現れたのうちの一人は、ラジオ番組で下品なお笑いをしているDJでした。彼が自分の半生を語りますが、最初は風刺をやっていたのに、雪だるま式に増加し、現在の下品なお笑いになってしまったと振り返ります。アンは当然精子提供はお断りです。

続きを読む

The rest is history.が使われる典型的パターンは、有名な話をしていて、ある時点まで来た時にそれ以降の物語はみんな承知してる時でしょうか。the restでその話の残りの部分を指し、histroyで歴史になってる=みんな知ってる、という感じだと思います。例えば次のような感じ:138億年前にビッグバンがあり宇宙が膨張を開始し、 後は知っての通りです(The rest is history. )。ちょっと早すぎるかな(笑) 個人的には、この表現は昔話の締めにも使われる印象。と無駄話はこの辺にして、実際のThe rest is history.使われ方を海外ドラマで見ていきます。どんなテーマについて使っているかも注目です。 Gleeからは有名なテクノロジー産業成功者 パックとフィンの会話から。高校3年生もあと僅かなところで、パックは独自のビジネス計画があります。それは、プール清掃会社。アップル野郎もフェイスブック野郎も最高なアイデアでのしあがったとして、フィンに自分のビジネスパートナーになって欲しいと頼みます。 パック: Hey, Finn, can you hang back for a sec? The Apple guy. The Facebook guy. Abraham Lincoln. What do these guys all have in common with us? フィン: I don't know. They were all in a show choir? パック: None of 'em were taken seriously in high school, dude. They were written off by the world until they got the big idea.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960