句動詞add upって、海外ドラマでは非常によく出てくるんです。だから今では、この意味「納得する、合点がいく」には慣れたんですけど、最初は結構混乱したんですよね。だって、addですよ、add。加えることがどうして納得になるのか? と、その前に、ここの前置詞upは「全部〜し終える」的な意味ですよね。例えば、use upなら使い尽くすイメージ。だから、add upなら、数字をすべて加え尽くして合計を出す感じです。例えば↓とか。 ここから、add upに「合計が合う」的な意味が出るまでにはそんな遠くないです。 例えば、給料日前なのにお財布に一銭もないとします。いつもは余るのに今月はどうしてこんなに厳しいのか疑問に思ったあなたは、出費を計算することにしました: 用途 費用(円) 給料 +30万 家賃 ー10万 食事 ー5万 携帯代 ー5万 交遊費 ー5万 光熱費等 ー5万 合計 0万 数字をadd upしてみた結果、お財布の中身とぴったし一致しました。つまり、合計が合ったんですね。支出の犯人は携帯代だったのでした(笑) Youtube見すぎたのかも・・・。こんな感じで、add upに「計算が合う」的な意味が出てきました。 ここからadd upが「納得がいく」の意味を持つまでは、ほんのちょっとの道のりです(もう既に、その意味を薄っすら帯びていますけど(笑))。 あなたは刑事で、ある事件の犯人を追ってます。犯人に直接結びつく証拠は全く無い状況ですが、状況証拠から被害者の息子が怪しいと考えています。そこで、状況を表にして整理してみます。 状況証拠 息子の 怪しさ 保険金が入る ★★★ 当日アリバイがない ★★ 事件後金遣いが荒くなった ★★ 事件直前に親と喧嘩 ★★ 事件直前に殺人方法をネットで検索していた ★ 事件直前に大金が入ることを友人達に匂わせていた ★ 携帯電話の任意提出を拒否 ★ 令状を取って携帯を提出させたらデータが全て消されていた ★★ 捜査に非協力的 ★★ 他にめぼしい容疑者が居ない ★★ 合計(息子が犯人) 100%?

続きを読む

Image by Manolo Franco from Pixabay 動詞の Bitch - ドラマの中の英語 以前、bitchの動詞形を見てみたことがありました。口うるさくガミガミ言う感じですね。そこで今回は初心に戻り、みんな大好き(?)bitchの名詞形を見てみたいと思います。ただし、もう既に日本語化した「ビッチ」にある「尻軽・誰とでも寝る」というニュアンスではなく、厄介なことを意味する方のbitchです。性悪といったニュアンス。どんなことをbitchと海外ドラマの中で言っているのか、場面説明は省いて列挙していきます。 Leadership's a bitch, huh? The Mentalist/Season 3/Episode 6 リーダーシップは厄介ですね。才能がない人にはbitchなんでしょうね。 How long am I going to have to work down here? Commute's a bitch. Person of Interest/Season 1/Episode 5 通勤はbitch。分かる。特に満員電車なら尚更。 Don maroni set the rates last year. And now I'm raising the prices. Inflation is a bitch. Gotham/Season 1/Episode 11 みんなが値段を上げるから、自分も上げざるを得ない悪循環。インフレはbitchです。 Parking in New York is a bitch.

続きを読む

Image by annca from Pixabay part of は全体の中の一部分であることを表せる表現。例えば、ハードディスクはコンピューターの一部とか。でも面白いことに、これが「全体を構成するのに必要な一部=なくてはならない、必要不可欠の」という意味合いが出てくる場合があるんです。例えば、学業がうまくいかず落ち込んでる息子に対し親が「挫折 is part of 大人になるプロセス」と言えば、大人になるには挫折も必要だ、と励ましている感じに聞こえるし、余命幾ばくもない末期患者が「死 is part of 人生」と言えば、死は避けられないと達観している感じにもなる。まあ、これはコンテキストに依存するし、受け手のとり方次第でもあるし、普通に「〜の一部」と訳して何の問題もありません。しかし、ここで声を大にして言いたいのは、part ofって簡単な割に幅広く使える表現だということ。ということで、今回はpart of が出てくるセリフを海外番組から集めてみたいと思います。 You could have been killed. Part of the job. Person of Interest/Season 3/Episode 10 この任務遂行には殺される可能性がある。労災は当然下りません(笑) これと逆に、殺されないことがpart of the jobというパターンもあります。それは「何があろうと死ぬな、生きて帰ってこい」ということ。訓練を終えて戦地に送られる若造兵士に鬼教官が言うなんて典型。鬼教官はツンデレゆえ「死ぬな」とは直接言えないんですね。 ハワード: Oh, come on. So you were the victim of a crime. That's part of life. The Big Bang Theory/Season 3/Episode 13 The Big Bang Theory [Credit: CBS]

続きを読む

Photo by Albie Patacsil on Unsplash 今回紹介するのは、Just because A doesn't mean B.。相手が持つ偏見とか、性急な結論を訂正するときなんかに使われます。例えば、彼が黒人だからといって脚が速いわけではない、とか。君の父親が政治家だからといって君が偉いわけではない、とか。宇宙が広大だからと言って宇宙人が居るわけではない、とか。ここでJust because Aまでが主語で、そして、A、Bには文が入ります。今回は、場面の背景説明は抜きにして、海外ドラマからたくさんの例を拾ってみたいと思います。 Just because I love you doesn't mean girls are allowed in my room. The Big Bang Theory/Season 8/Episode 8 愛してるんなら、部屋に入れてあげればいいのに。 Just because we work together doesn't mean we have to be friends, Dr. Castellano. The Mindy Project/Season 2/Episode 19 一緒に働いてるからって、友達になるべきというわけではない。これは意見が分かれる所。 Just because it happened doesn't mean it's news. The Wire/Season 5/Episode 10

続きを読む

連日W杯盛り上がってますね。ということで、サッカーネタで記事を一つ。それはsoccer mom。訳はそのままサッカーマムですが、その意味するところは、アメリカ郊外に住んでる中流家庭の専業主婦で、子育てに忙しいタイプ。小中学生くらいの子供のお稽古事の送迎を毎日しているイメージ。多分、このお稽古の典型例がサッカーだからsoccer momなんでしょうけれど、別のものでももちろんOK。海外ドラマだと、子供をサッカー場に送って子供が練習してる間に情事を重ねるとかがよくあるシチュエーション。当然バレるんですけどね(笑) それでは、どんな人がsoccer momと呼ばれているか、海外ドラマで見てみます。 フレンズから 結婚を考えているフィービーに、サッカーマムに本当になりたいの?と尋ねるロスの図が次のシーン。spur-of-the-momentな決断は、自分の二の舞だよと言う結婚に関しては大先生のロスです。へえ、サッカーマムはVolvoに乗ってるイメージなんですね。 ロス: l know the other day in the coffeehouse... ...you were all caught up in the whole soccer-mom thing... ...but is that really you? l mean, can you honestly picture yourself in a Volvo? Friends/Season 9/Episode 16 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットから マシーンが送ってきた標的の男を全力で守るいつものメンバー。しかし、当の標的の本人は危機感は微塵もなく、ジョンが危機を乗り抜けようとヘアースプレーを探していると、「髪型は問題ないよ、白黒の髪はサッカーマムにイヌハッカみたいなもの」と奇妙なことを言います。ここの訳が難しいですが、ジョンの髪は白いところが目立つので、salt and pepperは白黒と言う意味。thingはワザとボカして言ってるだけ。サッカーマムはイヌハッカを常備してるか育ててる感じなのかな? だから、髪に白い所あっても普通というニュアンスでしょうか。 標的の男: Dude, your hair looks fine. That salt and pepper thing's like catnip to soccer moms.

続きを読む

die hardには、超有名映画の題名ででも分かる通り、「なかなか死なない」という意味があります。確かに、セクシーハゲことブルース・ウィリスは、劇中なかなかのタフガイだった記憶があります。そんなdie hardを使った有名な英語表現の一つが、この Old habits die hard. 。古くから身についてしまった習慣はなかなか死なない=捨てられない、といったところ。洋の東西を問わず、どこでも通用する金言ではないでしょうか? 海外ドラマだと、ベテラン刑事が古くからの捜査手法にこだわって、若手刑事にもバカにされて、でも最終的にはそのお陰で犯人逮捕に結びつき、締めのセリフにこの「Old habits die hard.」をつぶやいて終演とかいうのが典型的パターンでしょうか。茶の間の古き良き時代を懐かしむ視聴者は拍手喝采です。 それでは、海外ドラマの中では、どのような習慣が捨てられないと言っているのか、見ていきたいと思います。 NUMBERS 天才数学者の事件ファイルから グランガー捜査官は、ひき逃げ被害者の女性を過去に捜査していた親友を訪ねます。2年前に調べたっきりという親友の言葉を信じていたグランガーですが、現場付近の防犯カメラを調査中に、被害者の背後から忍び寄る男を見つけます。首に日除けを巻いた不審な男。再度親友を訪問したグランガーは、ブートキャンプ(新兵訓練プログラム)でターゲットに近づく時日除けをさせられた昔話と共に、防犯カメラに写った親友の写真を見せつけます。Old habits die hard.で、自分であることを認める親友です。海外ドラマでは、こんな感じでYesと直接言うのではなく認めるのもよくあるパターンですね。 グランガー: Hey. 親友の捜査官: Man, Granger, you scared the crap out of me. グランガー: Michelle Kim; The last time you saw her was two years ago? 親友: I already told you that. グランガー: Yeah, tell me again. It's boot camp. They train you to put your shades on your back when you're approaching a target.

続きを読む

Photo by Jonathan Brinkhorst on Unsplash two centsは文字通り取れば2セント。ほとんど価値のないものですね。でも日常会話では、そこから転じたのか、価値のないアイデア・意見を指します。へりくだってる感じがしますね。インターネットでは、ユーザーが何かを批評する際に、これはmy two centsだがと前置きして、意見を述べたりするのがよくあるシチュエーション。このBlogでも、今までIMDbのレビューから意見を取ってきましたが、my two centsはたまに見かけた表現ですね。それでは、海外ドラマでmy two centsがどう使われているか、調べてみます。 リック・アンド・モーティから 科学者リックは孫のモーティを連れ回したことで、両親から批判を受けます。曰く、学校の成績はどうするんだと。そこで、two centsを述べるリック。簡単に言えば、学校は時間の無駄、だそうです。 リック: But I'll tell you some... tell you how... how I feel about school, Jerry. It's a waste of time... A bunch of people running around, bumping into each other. G-guy up front says, "Two plus two." The people in the back say, "Four." Then the bell rings, and they give you a carton of milk and a piece of paper that says you can go take a dump or something.

続きを読む

PERSON of INTEREST [Credit: CBS] 唐突に始めたOpening Monologueシリーズ。次に来るのは、PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット。これも有名なモノローグですよね。 英語のセリフとその逐次直訳、最後に英単語の意味という組み合わせで早速読んで行きます。 You are being watched. 君らは監視されている。 受け身の進行形。 The government has a secret system. 政府は秘密の仕組みを持っている。 A machine that spies on you every hour of every day. マシーンは君らを監視する、毎日毎時。 watchをspyで言い換え。spy onで、〜をスパイする I know because I built it. 私は知ってる、私が作ったから。 簡単に言ってるけど、これすごい仕組みです(笑) I designed the machine to detect acts of terror, but it sees everything. テロ活動を検知するようマシーンを設計した、しかし、それは全てを目撃する。 detectは検知、検出する。terrorはテロ。

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960