Image by annca from Pixabay part of は全体の中の一部分であることを表せる表現。例えば、ハードディスクはコンピューターの一部とか。でも面白いことに、これが「全体を構成するのに必要な一部=なくてはならない、必要不可欠の」という意味合いが出てくる場合があるんです。例えば、学業がうまくいかず落ち込んでる息子に対し親が「挫折 is part of 大人になるプロセス」と言えば、大人になるには挫折も必要だ、と励ましている感じに聞こえるし、余命幾ばくもない末期患者が「死 is part of 人生」と言えば、死は避けられないと達観している感じにもなる。まあ、これはコンテキストに依存するし、受け手のとり方次第でもあるし、普通に「〜の一部」と訳して何の問題もありません。しかし、ここで声を大にして言いたいのは、part ofって簡単な割に幅広く使える表現だということ。ということで、今回はpart of が出てくるセリフを海外番組から集めてみたいと思います。 You could have been killed. Part of the job. Person of Interest/Season 3/Episode 10 この任務遂行には殺される可能性がある。労災は当然下りません(笑) これと逆に、殺されないことがpart of the jobというパターンもあります。それは「何があろうと死ぬな、生きて帰ってこい」ということ。訓練を終えて戦地に送られる若造兵士に鬼教官が言うなんて典型。鬼教官はツンデレゆえ「死ぬな」とは直接言えないんですね。 ハワード: Oh, come on. So you were the victim of a crime. That's part of life. The Big Bang Theory/Season 3/Episode 13 The Big Bang Theory [Credit: CBS]

続きを読む

今回紹介する○○ it is.は、複数の選択肢から一つ選ぶ時に使われる表現。辞書見ても文法書見ても載ってなかったので(探し方が難しいので見逃してる可能性も)、とりあえず選択の○○ it is.とでも呼んでおきます。 これがよく使われるのは、消去法等で残ったものを指す時。例えば、友達数人と出先で昼食を取るとします。そして、寿司と中華とパスタが候補としてあるとしましょう。友達の一人が「私妊婦だから寿司はちょっと・・・」と寿司にNGを出します。次の友達は「私脂っこいものは最近控えているから中華は・・・」と言ったとしましょう。はい、この時点で選択肢で残ったのはパスタしかないですね。そこで「Pasta it is.」です。「じゃあ、パスタにしよう」とか「パスタしかないね」とかいう感じ。簡単ですね。 この表現に気付いたのは今から2ヶ月前。皆さんご存知の物を手渡しする際の「Here it is.(はい、どうぞ)」なんかと同じ倒置の一種くらいの認識でしたが、それ以降に見た海外ドラマでも結構使われていて、なんだこれは?と辞書を調べることになった次第です(見つからなかったけど)。 こういう自分のレーダーに一旦現れて認識すると、それ以降色々なところで使われているのに気づくってパターン、英語学習してるとよくありますよね。それ以前にその表現が全く使われていなかったわけではなく、単に自分のレーダーの精度が荒かっただけで、見逃していただけなんですけど。自分の実力向上に気づける瞬間でもあります。 早速今回も、海外番組内でのこの表現の使われ方を見てみます。 ベター・コール・ソウルから ベター・コール・ソウルの最新エピソード(みんな見てるのかな?)でもこの表現が使われていました。以下のシーンはジミーが職探しから帰ってきたところ。食料を買い込んで来て、どこで食べるかキムに尋ねます。カウチが良いというキムに、「じゃあカウチで決まり」とジミー。こんな感じで、複数の選択肢があって、最後に一つ決まった時に使われます。 ジミー: I hope you're hungry. I bought way too much food. キム: Yeah. I can always eat. ジミー: Counter or couch? キム: Couch is good. ジミー: Couch it is. Better Call Saul/Season 4/Episode 2 Better Call Saul [Credit: AMC] Key & Peeleから Pizza Orderという寸劇の最後にこの選択の○○ it isが使われていました。ピザ屋のバイトが客の妄想の中の女性クレアに恋する感動的な話と思いきや・・・(笑) ラプンツェル ザ・シリーズから 王妃とラプンツェルは流星群を見に山へ向かいます。どこで見るのがベストか、王妃は地図を見て、セゾン山南尾根に決めます。これに、ラプンツェルも「Then the southern ridge it is!

続きを読む

「No offense.」は相手が気分を害しそうなこと言っちゃった時の定番表現。例えば、相手のお祖母ちゃんが最近逝ったばかりなのに、死に関する話題を振っちゃうとか。「あ、やばい・・・汗」。そんな瞬間ありますよね。そんな時はすかさずこう言いましょう「No offense.」。気を悪くしないで、悪く取らないで、と言う感じです。まあこう言えば、ほとんどの人は気分を悪くはしないでしょうね。表面上は。 そして、これに対する返答「気にしないよ」にも実は定型句があり、それが「None taken.」。何も取らない=悪くは取らない、という意味。 この黄金パターンは海外ドラマでめっちゃ使われます。ということは、普通の日常会話でも頻繁に使われるということ。 そこで、海外ドラマの中で、この「No offense.」 「None taken.」パターンが、どういう具合に使われているか見てみたいと思います。どんな気分を害すことを言ってしまったのかも注目です。 ビッグバン★セオリーから バーナデットがボーイフレンドのハワードと別れるかもという女性だけの内輪のゴシップ。なんで男のラジが知ってるのか聞くペニーに、妹から聞いたとはラジ。思わずラジの妹をgossipy bitchと言ってしまうペニーです(笑) でも会話交わしてる本人の妹を貶してるんですから、これは流石にいけませんね。そこで、すかさず、"No offense."。ラジの方も、"None taken."で丸く収まります。 ラジ: What you might not know is Bernadette is planning on breaking up with Howard. ペニー: I know. How do you know? ラジ: My sister told me. ペニー: Oh, that gossipy bitch. No offense. ラジ: None taken. The Big Bang Theory [Credit: CBS] The Big Bang Theory/Season 4/Episode 20

続きを読む

「someone(somebodyも)」って誰だか分からない誰かを言うのに使いますよね。道に鍵が落ちてたら、「誰か」が落としたんでしょうし、臭い匂いが漂ってきたら、「誰か」がおなら(SBD=Silent But Deadly)したんだ、といった具合。 通常、その誰かは分からないんですけど、分かるのに(自分の前に当人が居るのに)意図的にsomeone(somebodyも)使うパターンが日常会話ではあります。日本語でもありますよね、母親が機嫌が悪い子供に、「あらあら、誰かさんが癇癪を起こしてるみたいだね」というパターン。この「誰かさん」は当然我が子のことですけど、あえて「誰かさん」と第三者視点になることで、状況から一歩退くことができます。同様の使用例が英語にももちろんあって、それがこのsomeone。早速、海外ドラマの中での使われ方をみてみましょう。 『フレンズ』から 朝起きてジョーイが寝室から出てくると、そこにはジャニスの高笑いが。ジャニスの挨拶にもボソッとぶっきら棒のジョーイに、「誰かさん」は不機嫌パンツを履いてるわね、とジャニスです。朝一からジャニスはきついっすね(笑) ジャニスって個人的に、OMGよりこの高笑いが印象に残ります。 ジャニス: Good morning, Joey. ジョーイ: Good morning. ジャニス: Someone's wearing grumpy pants. Friends/Season 3/Episode 1 ジャニス: Someone's wearing grumpy pants. Friends [Credit: NBC] 『ギルモア・ガールズ』から これは『ギルモア・ガールズ』の最終話かな。ローリーの大学卒業のパーティーがキャンセルと聞いて、カークは聞いてないよ、といった感じ。しかし、ローレライによると、それは実はいいニュースなんだとか。と言うのも、「誰かさん」が仕事をゲットしたから。当然ここでは、誰かさん=ローリーです。この「誰かさん」と匂わして、あとは本人の口から言わせるパターンは王道ですね。 カーク: Wait a second, did you just say Rory's graduation party is cancelled? ローレライ: Oh ho, it's good news. Someone got a job. カーク: What job? ローリー: I'm gonna be a reporter for an online magazine.

続きを読む

今回紹介するのは、映画・ドラマで定番表現「〜できるのはあなたをおいて他にいない。」です。乗り気でない相手を説得する時に出てくる表現ですね。二週間で僕を強くできるのは師匠しか居ないんです!とか、二週間後地球に衝突する大隕石に乗り移って爆破できるのはあなただけだ!とか。どこのアルマゲドンだ(笑) この表現の最後は、()で括ったように2パターンあります。If anyone can, it's you.は分かりやすいですね。もし誰かできるなら、それはあなただ。でも、If anyone can, you can.はちょっとピンとこない感じ。最悪、誰でもできるんだから君もできる、って取っちゃいそう。まあ、シーンの状況を考慮すれば、そうは取らないんですけど。だって、地球の大ピンチにブルース・ウィリスの元で頭下げてお願いしてるわけですから。 それでは、海外ドラマでこの表現が使われているシーンを見てみまあしょう。どんなことをできると言ってるんでしょうか? プリズン・ブレイクから マイケルとリンカーン兄弟を助けられるのは彼だけと、その男の元へ助けを求めに行くサラ達。いやいや、誰もあの兄弟を助けられないと思うんですけど(笑)。この後、掴んだ手が実は敵の罠で、大変なことになるのですが・・・ If anyone can help Michael and Lincoln, it's him. Prison Break/Season 2/Episode 18 Prison Break [Credit: Fox] Tangled The Seriesから シーズン2からタイトルを替え(やがっ)たディズニーアニメTangledから。ラプンツェルの両親、王と王妃は吹雪の山の中で遭難します。ユジーンとその仲間が捜索に向かいますが、心配のラプンツェル。部下のカサンドラは、見つけられるのは奴らをおいて他にはいない、と安心させようとします。ここでは、ユジーン達なのでtheyですね。 カサンドラ: Don't worry, Raps. If anyone can find your parents, they can. Tangled The Series/Season 1/Episode 16 新しいタイトルはRapunzel's Tangled Adventureです。邦題はどうなるかな? 「ラプンツェルのもつれにもつれた冒険譚」とかどうでしょう。「もつれっ話」が既に取られているのが悔しい。 The Good Doctorから クレアは同僚の医者を、このすごい手術をできるのはあなただけと鼓舞します。ちなみにこの手術、3Dプリンターで作った特製の人工骨を患者の粉々の骨と取り替えるというものすごい最先端のもの。クレアのアイデアです。果たして成功するのかどうか。 クレア: And if anyone can do this brilliant surgery, it's you.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960