本日独自ドメインに移行しましたので、ご報告いたします。取得したのは serendipity.page というドメインで、このブログの新URLは https://www.serendipity.page/ になります。旧URLに行くと転送される設定です。 英単語serendipityは素晴らしいものを発見する才能のことで、海外ドラマ等を見ていて興味深い英語表現を紹介しているこのブログに合ってるのではと考えているんだけど、どうでしょう? 本当は、dramaとかenglishとか入れようと思ったんですけど、なんか業者っぽいURLだし(笑)、ぶっちゃけみんなドメイン名なんて気にしていないでしょ?と、個人の趣味に結局走ってしまいました。 それから、お名前.comさんには大変申し訳ないんだけど、Google Domainsで取得してしまった(笑) それでも年間1,170円ぽっちですので、月缶コーヒー1本我慢するだけ。 はてなブログのプロを利用してる人は、今すぐにでも独自ドメイン取ったらいいと思います。というか、プロ化と同時にしてもいいくらい。その場合は、英語不要のお名前.comさんで、是非! workドメインなら6月まで無料よ(これで義理は果たせたかな(笑)) 中には個人情報とかどうなの?と心配される人もいるかと思いますけど、whoisというドメインの管理者検索で出てくる私の情報は・・・↓↓ serendipity.pageのwhois情報 ほら、全部redactedになってます(redactedは書類とかの個人情報が黒塗りにされること)。ドメイン購入のときにプライバシーの項目にチェックを入れるだけで、全部グーグルが守ってくれています。お名前.comでも同様です。 ちなみに、.pageはSSLが必須ということで、数日前に急遽SSL化をしたのでした・・・ 将来的にはアプリサーバを借りて、ローカルに構築してある字幕検索DBをこのドメインで一般公開できたらいいかなと思ってます。自分で作っててなんですけど、これめっちゃ便利なんです。 それでは今後ともよろしくお願いいたします。 www.serendipity.page domains.google

続きを読む

(追記)https://www.serendipity.pageに移りました ブログのURLがhttpsに SSLとはサーバとブラウザ間のデータやり取りの暗号化の技術のことですね。データを悪者に盗み見られても、暗号化されていれば安心ということ。URLがhttpsになってるのが「SSL使ってまっせ」という合図です。 実は本ブログって、SSLの設定してなかったんですよね。だって、別にこのブログの記事を暗号化する必要ないじゃないですか(笑) 内容に機密情報があるわけでもないから盗み見られても問題ないし、読者の皆さんに個人情報とクレジットカード番号を入力してもらうわけでもない。 逆にSSLって、データのやり取りの際に暗号復号化をするので、少しだけ動作が遅くなるんです。だからいいかなって。パスって感じ。 でも、ブラウザで警告が出るのがうざく感じてきたんで、SSLの設定しちゃいました。こういうのを、英語ではspur of the momentと言いますね。深く考えないでその場のノリ、思いつきってニュアンス。設定自体は、管理画面で一箇所設定オンにするだけでした。 今度からは、 https://insane.hatenablog.com/ と https になります。ブックマークしてる人がいたら、直してくれると助かります。一応、自動でhttpsの方に移る処理は入れたんですけどね。 ちなみに、はてなのSSLの設定は片道切符(one-way ticket)。つまり、一度設定したら戻せないんです(笑) さて、これを軽い気持ちで「先ほど」寝る前に実施したんです。そうしたら、設定オンにする以外にも、いろいろ考えないといけないことがあることが分かってきて冷や汗。 例えば、記事本文中に別の記事へのリンクを作ったりしますよね。こんな感じ。残念ながら、これは旧URLのままなんです。自動で変わってくれない(泣) そりゃそうだ。 つまり、手動で直さないといけないんです。これがものすごく大変。sをpと:の間に入れる作業を黙々と1時間。最後の方、sキーを押す指が震えてましたもん。怒りと情けなさで。企業の人事部の方で、追い出し部屋を模索してる人は、httpをhttpsに修正させる作業を与えるといいんじゃないかな。すぐ退職に追い込めるから(笑) そのくらいきつかった。 いやー、今回の教訓(lesson learned)は 寝る前に設定をいじるな! ですね。いや、マジで冗談抜きに(笑) 子供のときって、「寝る前に爪を切るな」とか、なんの科学的根拠もない迷信がありましたよね。英語だと、old wives' taleと呼ばれるんですけど。そのold wives' taleに寝る前に設定をいじるな!を是非とも追加していただきたいです(笑) さて、SSLの設定後、記事を書いても問題ないことを確認するため、この記事を今現在書いているんですけど、多分大丈夫かな。 オレンジ・イズ・ニュー・ブラック ジョーク そうそう唐突ですが、ここまで読んで下さった皆さんに、海外ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」に関連したジョークをボーナスで紹介。ちなみにこのドラマは、女子刑務所での人間ドラマを描き出す作品。かなりの名作なのは、IMDbで★8.1なのが多くを物語ってるかな。ちなみに、題名のオレンジは、あのオレンジ色の囚人服のことを指してますね。 2016年に米国大統領がオバマからトランプに換わった時、その状況がOrange Is the New Black であると呼ばれたんです。何ででしょうか? トランプの愛称の一つがオレンジであることと、オバマ大統領が黒人であることを念頭に入れてOrange Is the New Blackを再度読んでみて下さい。ほらね、ものの見事にオバマ→トランプを表してるでしょ(笑) このドラマって、実は自分は前半シーズン見終わったまま止まっているので、時間があれば視聴再開したいな Orange Is the New Black

続きを読む

Googleアナリティクス アクセス数も導入時の5倍にまで増えました。非常ありがたいことで、これもひとえに皆さんのおかげです。 導入から三ヶ月時点の記事はこちらです。 そんなこんなで1年分の数字があるので、先程blogの数字を弄って遊んでいたら、面白いことを発見しました。とその前に、皆さんはこういう話を聞いたことあるでしょうか?「上位1%が世界の富の半分を独占している」 半分か82%か、数字はレポートによってまちまちですけど、いずれにせよ、上位1%が少なくない富を所有してるのは間違いないんですね。 さて、これをBlogに適用したらどうなるでしょう? 富はもちろんアクセス数、そして人々は各記事に当たります。つまり、私が書いた各記事がアクセス数(富)を稼ぎ、全体としてこのBlogのトータルアクセス数(世界の富)になっているわけです。 そこで、私のBlogで上位1%がどのくらいの富(アクセス数)を稼いでいるか調べてみたところ・・・ 43% でした。半分には届きませんでしたが、なんと現実の経済に近い数字が出ちゃいました(笑) これって何なの? 私だけ? 偶然の一致? それとも、なにか科学的に説明できるんでしょうか? こういったblogとの類似性の研究ってあるのかな。 それにしても衝撃です。今まで800ちょっとの記事を書いてきましたが、792の記事をこの瞬間削除しても、まだ43%のアクセスはあるわけです。つまり、普段書いている駄文は上位1%からすれば何の貢献もしていないわけ。あ、この記事がまさにその貢献していない最たるものか(笑) ちなみに、私のBlogにおけるジェフ・ベゾス(世界一の金持ち)は何かと言うと、What's wrong with you?でした。みんなWhat's wrong with you?って意味をとるのが難しいみたいですね。 他のこのBlogのデータですが、開始当初より検索エンジン経由の流入が少し減りました。それでも82%と高水準。そして、なぜか海外からのアクセスがちょっとずつ微増中。今は海外が15%を占めます。多分、純粋な外国人は少なめと推測しますけど。その他、男女比は半々等あまり変わりはないかな。一応、バズったのが、トランプ大統領への日本人記者の質問で、この瞬間はアクセスを集めまくってちょっと恐怖しました。 というわけで、Googleアナリティクス導入一年経った数字で見る当Blogの現状でした。 What's wrong with you? 最後にここまで読んでくれた皆さんへ、ボーナスとして申し訳程度に英語成分。 What's wrong with you?がどういった時に使えるか、友達(男)があなたの家に泊まり込みに来たと仮定して、列挙してみたいと思います。この例だけでどんな状況で使えるのか一発で分かります。 ・友達が勝手にあなたの下着を履いていた時、「 What's wrong with you?」 ・自分のPCのブラウザの履歴を見たら、怪しいサイトへのアクセス履歴を発見した時、「 What's wrong with you?」 ・お風呂場のあなた専用のふわふわスポンジが勝手に使われていた時、「 What's wrong with you?」 ・ここぞという時のご祝儀用に隠し持っていた名酒獺祭が減っているのを発見した時、「 What's wrong with you?」 ・トイレで明らかにおしっこをこぼしているのに、拭きもしないでほったらかしにされた時、「 What's wrong with you?」 ・コーヒーを飲んだらあまりのしょっぱさに吹き出して、調べてみたら、砂糖と塩をすげ替えられていたのを発見した時、「 What's wrong with you?」 ・朝起きたら、あなたが毎朝日課にしている日めくりカレンダーが既に破られていた時、「 What's wrong with you?」 ・ついに堪忍袋の尾が切れて友達に出ていってもらおうとすると、野球のチケット2枚を入手してくれた友達。いいところもあるんだな許してやるかと思っていると、翌朝から何故か新聞が配達され始めて・・・友達が勝手に新聞の契約をしたのを発見した時、「 What's wrong with you?

続きを読む

Image by Gerd Altmann from Pixabay なんか最近はてなブログが不安定なんですよね。記事を投稿しても落ちたりして反映されてなかったり。先日一回長文書いたらエラーで痛い目にあったので、すべての記事はPCのエディターで書いて、それをローカルで保存してからBlogにコピペするようになりました。こういうのを"Once bitten, twice shy."というのかな?(笑) いずれにせよ、Hatena Blog付属のWebエディターに直書きしてる方は是非ともお気をつけ下さい。お金を払ってるのにこの仕打ち。ちょっと信じられません。 ところで、そのHatenaサーバーが吐くエラーメッセージなんですが、日本語と英語が両方表示されるんですね。さすがハテナ! 国際的(/s)! でも、その英語がなんかおかしい・・・ Server Error Some errors were happened in processing. We are sorry for this problem. はい、なんとhappenをわざわざ受け身にしてるんです(笑) 冷静に考えればなんで受動態??って思うけど、これって結構日本人にありがちな間違いの気がします。私たちって事物を主語にするのに心理的抵抗があるんですよね。 ちなみに、"Some errors were happened"でググると見事にHatenaのブログだけが引っ掛かるんですね(笑) hatenaドメインでないサイトでもエラーメッセージが同じってことは、元がhatena blogなのでしょうかね? さて、ググっているときに気づいたことがもう一点。errorに続く動詞ですが、happenでなくoccurであることが海外のサイト上では多いようなんですね。そこで、Google Books NGram Viewerという出版されている本を全てスキャンして、単語組み合わせの頻度を年代順にまとめたサイトがあるんですけど、そこに入力してみると・・・ やっぱり、occurの方が多いですね。なんでなんでしょうか? errorはoccurするものなのかな? 今度ちょっと調べてみようと思います。それにしても、パソコンの普及と共にerror occurredが急増してるのは面白い現象ですね。 ということで、Hatenaさんの吐く奇妙な英語のエラーメッセージから、色々なことが学べましたとさ(笑) ありがとう、はてなさん!

続きを読む

今回は海外ドラマも英語も全く関係ない話題。 今年の3月に訪問者数が増えてきたということで、Google アナリティクスを導入したんですけど、ここ数ヶ月で色々見えてきましたので、ちょっと紹介します。 ちなみに、Google アナリティクスはホームページのアクセス分析サービス。基本無料ですので、blog持ちで導入していない人は、騙されたと思って、今すぐ導入したほうがいいですよ。特にhatenaは、標準の機能がpoor過ぎますから。自分ももっと早く導入しておけばと後悔です。blog頻繁に更新しない人でも、訪問者数とか全然気にしない人でも、最低限導入しておけば後からでも数字を参照できるのが大きいです。逆に導入してないと、その間のデータは闇の彼方に消えてしまい、取り戻すことはできません。導入方法は各自ググってみて下さい。基本的には、Googleアナリティクス側でアカウントを取って、そこで発行されたコードをhatenaの設定画面にコピペするだけ。聞いたら簡単でしょ。 というわけで、以下本blogの分析データです。 ユーザー数 今月の毎日のユーザー数は200強。250超えるときもたまにある感じですが、ほぼ200+αで推移してますね。毎月10%行かないくらいの伸びです。この傾向は今の処変化なし。 ユーザー獲得 このblog特有なのかどうか分かりませんが、私のblogに来てくださる方は9割が検索エンジン経由です(笑) しかも、75%がGoogle検索ということで、全くのGoogle様様ですね。一時期SEO(Search Engine Optimization)が流行りましたが、なるほどこういうことだったのね、と納得した次第です。枕をGoogleのデータセンターに向けて寝られません(どっちだ?)。そういうわけで、毎日の訪問者数がほぼ一定なわけです。逆に言うと、いわゆるグーグル八分ってやつがいかに怖いかの証左でもありますね。 デバイス 訪問者のデバイスは全然変化がなく、65%がモバイル、30%がPCですね。残りがタブレットとか。Googleアナリティクスを導入して、これが分かったのが一番大きいです。あら、みんなモバイルなのね、と。でも、モバイル向けにblog最適化してないので、非常に申し訳ないんですけどね・・・。これは来月お盆休みにCSS含めやる予定。 ユーザー地域 これはこのblog特有だと思うんですけど、海外からのアクセスが10%ほどあります。今月は何故か下がって7%近辺ですが。海外の日本人の方が検索エンジン経由で訪問してるパターンもあるとは思うものの、言語を見てみると本当の外国の方も訪れてくれているようです。これはひとえに、当blogが海外番組のセリフを載せているので、検索でそれが引っ掛かって来ているのでは・・・と推測しています。まあ、来てみたら日本語だらけで幻滅してるでしょうけれど(笑) ごめんなさいね。なので、blog主で海外からのお客さんを増やしたい方は、海外ドラマや映画のセリフをblogに載せると良いかもしれませんw ユーザー年齢層 こんなことまで分かってしまうのが、本当に恐ろしい。Googleアナリティクスに恐怖を感じたのはこういったユーザー属性データ。誰もインターネットを使う前に自分の年令を正直に入力なんてしたこと無いはずなのに、何故かGoogleはあなたを知っている。まあ、どこまで合っているかは分からないけれど。本題に戻ると、本blogは25-34がメインで2番目の18-24と合わせて70%行かないくらい。皆さん若いですねー 男女比 男女比はほぼ半々。英語を勉強する情熱に性差は無いってことかな。 ヒット記事 これは流入が検索エンジン主体ということで、昔の記事が上位独占ですね。なかでも、 What's Wrong with You? と What's Wrong? の違い - ドラマの中の英語 が人気を集めてました。with youには皆さんも悩んでいるみたい。今度、what's wrong with you?だけでなく、他のwhat ... with you?も取り上げようと思ってます。同じように、相当強い苛立ち・不満が含まれているのが分かりますから。 buzzる 正真正銘buzzった経験は今の処ありませんが、検索される文字列なんかを見ると、ちょこちょこ小buzzがあるようです。例えば2・3ヶ月前に So Much So That / とてもそうなので - ドラマの中の英語 の記事が瞬間的に人気を集めたことがあります。多分、英語の試験などで so much so that が出題されて、それを検索してやって来られたのでは?と推測してますが、本当の処は実際はどうなんでしょうね。他にも、受験シーズンにクジラ構文の記事とか。 こういう傾向を見ると、アクセス稼ぐために、英語試験に出そうなトピックを主体に、となんやかんやで流されがちになりますが、 Hell no!(やなこった!) 本Blogはこれからも海外ドラマの中で実際使われる活きた英語を紹介していきたいと思ってます。まあ問題は、ありすぎることなんですけどね(笑) それではまた〜

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960