Image by Alexas_Fotos from Pixabay 今回は、最近ドラマで見かけた中国語由来の表現を見てみます。多分、日本人も何となく分かるはず。 Yin and Yang / 陰陽 yin and yangはたまに出てきますね。上のイラストが示す陰陽、光と影のこと。日本人的には陰陽なんて普段滅多に使わないから、海外ドラマで逆に出てくると驚いてしまうくらい。多分、東洋的思想が向こうの人にとっては新鮮なんでしょうか。 でも下記シーンではYin and Yangの意味が分からず、英語で言えと急かす友人です。 Chuck: You know, Yin and Yang. You know, dark and light. Chuck友人: English, Chuck. Chuck: There's a harmony, a balance in the universe. Light needs dark, dark needs light. Supernatural/Season 11/Episode 22 Kowtow / 叩頭 kowtowって実は中国語由来だと最近まで全く分からなかった(笑) だって、know-howっていう単語があるくらいだから、音的には英語でも全然おかしくないっしょ。 叩頭の意味は、額を地面につけるお辞儀。中国の王朝ドラマなんかで臣下が王にひれ伏すのが叩頭。そこから転じて、「こびへつらう」の動詞の意味が出たみたい。 スーパーガールでは、false queenにkowtowと言ってます。服従する的な意味ですね。 Where a bunch of sycophants kowtow to the false queen and tell you how great you are?

続きを読む

Photo by Mihai Surdu on Unsplash 英語を勉強し始めた時って、"me too"って表現はなんとなく知ってるわけです。そして、それしか無いと思ってます。ですから、いきなり"you too"ってのが出てくると、最初は相当混乱しますよね。自分も頭の中?マークで埋め尽くされました。 実際、海外ドラマを見ていても、"me too"となると思ったところが"you too"だったりすることも多数。実際の英会話の中で使うときでも、結局よく分からないので、相手に同意する時は全部"me too"になってしまいがちです。 そこで今回はそんな混乱に終止符を打つべく、異質に感じる"you too"になるシーンを実際の海外ドラマの会話から数多く集めて、どんな時に"you too"になるのか、パターンを見てみたいと思います。"you too"になる条件をマスターすれば、それ以外は"me too"でOKということですからね(?!) それでは行ってみましょう。字幕の検索条件は、二者以上による会話で、最初の話者への返答が"you too"になるものを拾っています。 相手への気遣いに対する"you too"(あなたもね) まず最初は、相手を気遣う言葉への返答の"you too"。 最初に投げかけられるセリフは、全て思いやりが感じられますね。それに対する返答の"you too"ですから、「あなたも」ってことです。この"you too"はあまり混乱しないのではないでしょうか。 Have a good day, honey. You too. Breaking Bad/Season 2/Episode 4 Chloe, really good work today. You too. 24/Season 5/Episode 24 Good luck today. You, too. Glee/Season 3/Episode 21 Congratulations. You too. The Good Doctor/Season 1/Episode 9

続きを読む

Image by Daniel Kirsch from Pixabay dirty poolは絶対「汚いプール」のことだと思いますよね。季節外れに学校のプール見に行ったら、水抜いてないから水の色が緑に変わっちゃってて、枯れ葉などが浮いている・・・。誰もが一度は経験あることでしょうか? でも海外ドラマで使われる時は、その意味では全くありません。実は、「汚いやり口」を意味します。大抵騙された方がこれを口にします。「卑怯だぞ、ズルい、やり方が汚いぞ」という感じですね。調べたところ、この場合のpoolは水泳じゃなく玉突きのプールなんだそうです。ビリヤードで賭け事をして、騙された人が過去沢山いたんでしょうかね。それでは、海外ドラマの中での使われ方を見ていきたいと思います。 Parks and Recreationから 空き地を公園にしようと思ってた公園課のレズリーは、図書館にするというタミーの元へ出向き、直談判。しかし、会うといきなり図書館の本の延滞料3ドル支払ってないと宣戦布告されます。low blow, dirty pool BS moveだと声を上げるレズリー。そっちがそう来ると知ってればと悔しがり、だからみんな図書館が嫌いなんだと3ドル机の上にぶちまけます。ここで、low blowは下半身への攻撃なので反則技、BSはbullshitの略なのでデタラメといった感じ。ある意味、全部dirty poolの同意語ですね。 レズリー: Hello? Hi. I'm Leslie Knope. I called a little while ago. タミー: You have a lot of nerve showing your face here. レズリー: Excuse me? タミー: You have overdue book fees totaling $3, missy. レズリー: That is so typical. I should have known you'd use a low blow, dirty pool BS move like that.

続きを読む

Image by S. Hermann & F. Richter from Pixabay DeepとDown。こんな簡単な2単語の組み合わせで、心の奥底では○○と思っていたと表せるのは非常に嬉しい感じ。でもいざって時になかなか出てこないんですよね。そこでドラマで使われてる例を見て覚えてしまいましょう。 THIS IS US 36歳、これから なかなか体重が減らないケイトは矯正減量キャンプに申し込みます。そこで働いているスタッフから真実を知らされます。おデブちゃんがたくさん来て数ポンド減らして帰るけど、奥底では何も変わっていないとか。痛烈です。 スタッフ: People come here, lose a few pounds, learn how to roast some Brussels sprouts. And then they go home thinking they're transformed. But deep down, they're the same. This Is Us/Season 1/Episode 13 スーパーガール カラは敵に取り憑かれ昏睡状態。姉のアレックスは彼女を助けるため、カラの精神の中に侵入します。そこにいたのは地球で生き生きとしていたカラではなく、自分の星に戻って家族と暮らしているカラなのでした。地球での生活は辛いかもしれないけどと一生懸命説得するアレックス。心の奥底では、これが真実ではないって分かっているはずと訴えます。そして、痛みと悲しみを乗り越えてこそヒーローと結びます。果たして奏功するのでしょうか? 長いけどかっこいいので全部引用です。 アレックス: I know it can be hard and it can be lonely. Especially for you. You have sacrificed and you have lost so much.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960