「on that note」という英語表現の使い方を海外ドラマのシーンを通して見ていきます。通常イベントが次のフェーズに移る際に使われますが、日本語訳は「それを踏まえて、それでは、そんなわけで」あたり。noteに形容詞がつくパターンも非常に多く、時には会話を切り上げるのにも使われます

続きを読む

Survivorのボキャブラリ集2 - ドラマの中の英語 これが最後の第三弾です。サバイバーっぽい英単語を集めてみました。 Outwit Outplay Outlast / 比智慧、比技巧、比耐力 前回も紹介しましたが、China編のときの中国語訳が面白いので紹介。日本語としても理解可能です。outlastを耐力としてるのがうまいなあと思いました。 Number / 数を限定する 動詞のnumberは受け身で使われますね。Your days here is numbered.みたいな使われ方で、この場所でのお前の日数は限定されている→幾ばくもない、という意味です。でも、イミューン・アイドルで一発逆転とかあったりするので最後まで気が抜けません。 Chopping Block / まな板 イミューン・チャレンジで負けた方はトライバル・カウンセルに参加し、仲間の一人を投票で追放しなければなりません。そこで参加前に誰を追放するかの工作が疑心暗鬼な空気の中行われますが、その時候補として名前が上がった人を「まな板に乗った」と表現することが多いですね。日本語で言えば俎上の鯉状態。どう料理されるかはカウンセルの行方次第です。ちなみにchopping boardはBritishみたいです。ここだけの話、辞書で調べるまで断頭台のことだと思ってました(笑) Precarious / 不安定な、他人の意思次第 chopping blockに乗った人はまさしくprecariousです。自分でできることが限られてしまいますから。unstableを使ったシーンは見たことないですね。みんなprecarious言ってます。これ英検1級英単語なんですね。 Cutthroat / 競争が激しい competitiveも同様に使われますが、こっちのほうが喉をかきっ切る感じで強烈な印象です。 Threat / 脅威 体力的に優れてる人はthreatとみなされて投票を集めやすいですね。特に個人戦に移行した後は。あと、最終カウンセルの陪審員からの質問への回答でよくあるのが、「あなたが最大のthreatだったから」というもの。相手を褒めつつ質問をかわすテクニックですが、多用されすぎてつまんないです。 Uneasy / 心配な、焦って 遠くの海中で他の参加者複数名が密談してたりすると、疎外感からこういう心境になります。 Alienate / 疎遠にする、仲間はずれにする マージが起こった後人数が極端に少ない部族はマジョリティ部族からalienateされ、一人ひとりvoted outされていきます。 Crack / ひび 上記のようにならないように、相手部族のcrackを探す必要があります。まずは人間関係で、相手部族の最下層の人に対し、このままだと一番最初にchopping blockに乗るのはお前だ、といった説得の仕方で裏切り工作します。相手が非論理的馬鹿だとbackfireになります。 Hard Core / 筋金入りの ゲームにまじになっちゃってる人への形容詞です。追放されやすいです。 Likable / 感じの良い 相手の性格を褒める時に出てくる形容詞がこれ。多分、美しいとか言っちゃうと、他の美しくない人を傷つけちゃうから。 Nibble / 魚が餌を突っつくこと 釣りのシーンの定番英単語。nibbleすらないとか言ったりする。 最後に 取り敢えずサバイバーはここまで。これだけ分かれば会話の半分は理解できるはずかな。リスニング力が試されるのは言うまでもないですけど。個人的に聞き取りづらかったのはdeafの女性もそうだけど、墓場で働くモデルを目指してる女性。シーズン7くらい。前述の聴覚障害者っぽいアクセントでしかも平坦な感じで聞き取れないこと多数でした。 www.youtube.com www.youtube.com

続きを読む

Survivorの最初の方のシーズンだと、Tree Mailという仕組みがありました。キャンプから少し離れた木に郵便箱があり、そこに当日やるイミュニティチャレンジの内容が謎掛けっぽく書かれているメッセージが入っており、しかも雰囲気が出るように羊皮紙風の紙や木簡に書かれているという。その内容が非常に面白いのでどこかにまとめられていないかな?と思いましたが、どうにもないようですね。そこでググって見つけたものをピックアップしてみます。 There is bad news that comes with this note You must hike to the Council and cast the first vote From this grave duty, there is no reprieve Seven people continue, one person must leave Winning Immunity is part of the game Now you'll rely on a flickering flame Safety tomorrow is just within reach Wait 'till sunset and head to the beach ライムになっているのが分かるでしょうか? 他にも、 looks like your dinners

続きを読む

Survivorのボキャブラリ集 - ドラマの中の英語 前回漏れたボキャブラリを集めて第二弾も作ってみました。多分、聞いたことあるやつばかりだと思います。 Outwit Outplay Outlast / 知恵で勝り、技で勝り、より長く生き残れ ご存知サバイバーの公式旗に記されている文言です。シーズンごとにデザインは変わりますが、この文言は一貫して同じ。時々参加者が、サバイバーは元々こういうゲームだとこのフレーズに言及することがあります。このout-の接頭辞は是非とも覚えておいて下さい。サバイバー以外でも頻繁に出てきます。”〜を凌駕する”という意味が、元々の動詞に付加されます。 Outnumber / 数で凌駕する はい、早速接頭辞out-が出てきましたね(笑) これも頻繁に聞く単語。自分のアライアンス/部族の数と相手のアライアンス/部族の数を比較して自分達の方が数で勝ってるという時に使われます。We outnumber them.とかです。そう言えば比較級を使ってるシチュエーションは見たこと無いな。 Fire represents life. / 火が生を象徴する。 最初のトライバルカウンセルでのJeffの決まり文句。松明に火をつけます。 Torch / 松明 もちろんtorchも頻繁に出てきます。カウンセルでもそうだし、イミュニティチャレンジで消さないように運ぶ時とか。棒の先で燃料を燃やしてるもので、懐中電灯ではありませんよ。 Hit it Off / 意気投合する 初日にhit it offする人を見つけるのがサバイバーでは重要です。ぼっちはすぐ家送りです。発音はヒティットフと繋げます。hititoffという一単語だと思っちゃえばOK。 Loner / ぼっち はい、ボッチ、一匹狼です。これも最初の方のエピソードで出て来る英単語。後で出てこないわけは、当然ぼっちが消えてるから(笑) Bond / 結束 bondは接着剤のボンドでもあるので、何かをくっつけるの意味があります。それを人間関係で考えると、結束とか絆になります。 Underdog / 勝ち目のない人 見た目で肉体がひ弱だったりするとこう言われますね。でも、筋肉むきむきはみんなから追放される危険性が高いので、一概にアスレティックでないことは欠点ではありません。ちなみに語源は、闘犬でランクが下の犬ってことみたい。 Asset / 強み 自分の強みは”魚をみんなに供給”みたく使われる。 Pivotal / 極めて重要な 今日の投票である程度先の展開が決まるトライバルカウンセルなんかで使われる単語。何故かみんな使う、importantでも良さげだけど。名詞のpivotは旋回軸、つまりヘリなんかのプロペラの軸を意味するので超重要というわけ。 Nothing Personal / 個人的な理由ではない 投票をする時の理由で最も多いのがこれ。そして一番つまらない理由でもある。 Condescend / 見下す態度を取る ボス的な態度を取ってるとこう言われる。口だけで手足は出さない等。 Shrewd / 狡猾な 裏で策略を練ってる人なんかが言われる。 Animosity / 敵意 イミュニティチャレンジなどで負け続けると、戦犯探しが始まり、グループに分裂して、トライブの空気がピリピリしてくる。特に、女性同士でいがみ合うと、すごい口論が始まったりする。animosityはそんな時に使われますね。

続きを読む

海外番組字幕なし視聴入門としてのSurvivor(サバイバー) - ドラマの中の英語 前に字幕無しで海外番組見るのにサバイバーがオススメという記事を書いたので、今日はどんなボキャブラリがよく出てくるのかシーズンを一つ通して見て調べてみました。これらを抑えておけば理解も捗るはず。 Castaway / 漂流者 参加者のこと。無人島に漂流した設定。大体16〜20人くらい。 Flint / 火打ち石 ナイフなど硬いものと擦ることで火花が発生するので火をおこしやすい。火は生き残るのに最重要なもの。 Shelter / 雨風を凌げる場所 火の次に重要なシェルター。最低限一晩過ごせるところくらいの意味。 Immunity / 免除 数日に一回行われるTribal Councilで投票を免れること。そのため、その前に行われるimmunity challengeと呼ばれるimmunity idolを賭けた競争は大きな意味を持つ。 Vote Off / 投票して追放する Tribal Councilで誰を追放するか投票すること。vote someone offという句動詞で使われる。vote outも同様の意味で使われる。 Tally / 集計する 投票が終わった後の誰が一番票を集めたか集計する時使われる。名前読み上げる順番がランダムなのか接戦を演じるようになっているのかいつも気になる。 Jury / 陪審員 残り人数が少なくなるとvoted offされた人がjuryにまわり、最後の優勝者を決める投票券を得る。その間島の近辺に居られるってことだよね。 First Things First / 何はともあれ immunity challengeの際に司会のJeffが言う決まり文句。これを言ってimmunity idolを前回の勝利者から受け取る。 The Tribe Has Spoken. / 部族の決が下った。 これもJeffの決まり文句。投票後参加者の松明の火を消す際に言う。風雨で既に消えている場合は、The tribe and mother natureと変形。 Strategize / 戦略を練る 参加者がよく言う言葉。戦略でもなんでもないのにみんな使うので陳腐化してる。strategyの動詞形。 Weakest Link / グループの弱点 字句的には、環の一番弱いところ。そこが崩れると環が環として機能しなくなる。サバイバーでは最初に参加者が数部族に別れるが、その中で肉体的精神的に足手まといな人を表す。 Merger / 合併 残り人数が10名くらいになると一つの部族に合併し、個人戦になる。弱小部族でスタートしてもmergerまで生き残ればワンちゃんある。

続きを読む

海外番組で英語を勉強しようとする時の大きな問題は、どのくらいの英語力がついてから英語字幕にスイッチするのかと、いつ英語字幕から英語字幕なしにスイッチするかです。後者は特にリスニング力とボキャブラ力がないと理解度が4−5割減になるので、英語字幕で9割理解できても生視聴で5割位の理解度に低下してしまいます。いくら映像なんかで多少補足できるとは言え、さすがに5割の理解度だと番組自体楽しめませんし、視聴自体が苦痛になってしまいます。そこで以前、ドキュメンタリー番組がお勧めと記事を書きました。しかし、ドキュメンタリー番組から海外ドラマの移行には相当な英語力ギャップが存在します。そのギャップを埋める番組はなんだろうと考えていたら、リアリティーショーの『サバイバー(Survivor)』が良さそうと気付きました。その理由を以下説明していきます。 1.毎回やることは同じ フォーマットが決まっているので、毎シーズンやることは同じです。参加者が違うだけ。多少個人個人で戦略は違いますが、最終目標も同じ。だから一度通して見てしまえば、次から状況把握が簡単です。 2.出て来る英単語は決まっている サバイバーの字幕を検索すれば明らかですが、出て来る英単語・英語表現が決まっています。例えば初日に不可欠な火をつけるならset fireだしshelterも風雨を避けるのに必要。immunityで免除、oustで追放。人の性格もmanipulativeとかunderdogとか女性だったらflirtatiousとかほとんど定型。つまり逆の言い方をすれば、ボキャブラリが極端に狭くてもOK。また、サバイバー専門用語もあって、例えばblindsideとかostracizeはお馴染みですね。多分1シーズン丸々見ればもっと出てくると思いますが、とっさに思い付くのはこんな感じ。実際はもっとあります。 (追記:別記事にサバイバーボキャブラリをまとめました) Survivorのボキャブラリ集 - ドラマの中の英語 3.いろいろな人々 基本素人さんなので、いろんな話し方を聞けます。英語テキスト付属のCDの音声に飼いならされているとキツイですが、これも勉強だと思えば慣れます。お気に入りの声で応援する参加者を決めても良いかもしれません。 4.聞きづらい箇所は字幕 外部の録音環境なのでどうしても声が小さかったり雨音のノイズで聞き取りづらかったりすることがあります。これがドラマには絶対ない点。その時は字幕が入りますから安心です。多分、全体の2割くらいは字幕入っている気がします。 5.セリフ量が膨大でない 参加者が感情的になったりするので話すスピードは速いんですが、ドラマに比べると量が膨大でない。そしてセリフの内容も参加者の名前が多いし、繰り返してるだけだったり。風景映して尺稼ぎしたり。↓とか典型 A: "Who?" B: "Bob." A: "Bob?" B: "Yeah" 6.ハイレベルの英単語は出てこない 参加者で一人だけ小難しい言い方や単語を使う人が居たら(ビッグバン★セオリーのシェルドンとか)、明らかに初日に追放されます(笑) つまり、普通の単語だけしかでてきません。逆に言うと、一般ピーポーが日常で使う表現が勉強できます。 7.シーズンが多くて面白い 現時点で35シーズン目ですから、これも大きな利点。シーズンによって当たりハズレがありますので、概要やお勧めを見て面白そうなシーズンから試しましょう。 8.汚い罵りはピー音+口元モザイク なのでお子さんにも安心です。ここはshitだなとか今fuckingだったねとかswear word当てクイズもできます。あ、嘘です。 まとめ 海外ドラマ字幕なし視聴への架け橋としてSurvivorをオススメしてみました。意外と英語力は要求されない感じ。TOEICでリスニング430あれば余裕だと思います。最初は大変ですが、頻出する単語に慣れれば9割理解可能です。あと、多分字幕を分析すれば2割くらいの単語は人名だと思います(笑) www.imdb.com

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960