イラストを元に一発ネタ。子供が歯医者に連れて行かれるのを嫌がってますね。「やだ、やだ、やだ」と言っているに違いありません(笑) でも英語だと、yada, yada, yadaってblah, blah, blahと同じ意味なんです。つまり、「何やかんや、云々」と、重要じゃないことを省略するときに使われる表現ですね。相手の話をこれを使って省略すると、「お前の言っていることは重要じゃない」という響きになりえますので注意ですけど。 Tangledの後日譚のBefore Ever Afterの冒頭にこのYada, Yada, Yadaが使われていました。ユージーンが前回の話のオサライをするのに、Yada, Yada, Yadaを途中使ってスキップしているのが分かります。 I'm just gonna give you the rapid-fire shorthand here. The sundrop created a golden flower with healing powers, creepy, old, Mother Gothel sang a song to said flower to regain her youth. Yada, yada, yada, the queen got sick, flower healed queen, queen gave birth to Rapunzel, who was born with the flower's magical healing powers, and everything was all flying lanterns and cheering subjects, until.

続きを読む

Image by Prawny from Pixabay これは自分だけなのかもしれないけど、bestって見ると、どうしてもgoodの最上級だと思ってしまうんですよね。だから、well由来だと意味が取れなくて、時々混乱してしまう。ということで、自分の中で過小評価なwellの最上級bestを見直そうかと思います。 ビッグバン★セオリーから レナードとデートすることになったペニーは、レナードのことを一番よく知っているであろうシェルドンにいろいろ質問です。このセリフなんかが混乱する典型例。初見だと「レナードが最高(best)だと知っている」と取ってしまい、頭の中が文脈と合わないため「???」となって、再生を一時停止してしまう羽目に。 ペニー: All I'm saying is you know Leonard the best. シェルドン: Not necessarily. I'm often surprised by my lack of familiarity with Leonard. The Big Bang Theory/Season 1/Episode 17 塔の上のラプンツェルから 「母が一番よく知っている。だから母親の言うことは聞きなさい。」というロジックが、子供のしつけの際によく使われるみたいですね。映画塔の上のラプンツェルでは、魔女がまさにこれを使って、塔の外に出たいラプンツェルを外は化物だらけと説得していました。でも、魔女が床に描いた、歯がボロボロな薬物中毒風の”きれいなジャイアン”は全然怖くない(笑) Mother knows bestは、そのまま歌のタイトルになっています。 Mother knows best Listen to your mother It's a scary world out there Tangled www.youtube.com 最後に 今回はwellの最上級bestを見直してみました。自分的には、聞いた瞬間「best=一番良い」と取ってしまうため、どうも混乱するようです。知識としては「well - better - best」の不規則変化は知っていますが、いざ実際の会話の中で使われると、頭がついて行けませんね。こういう文法書の隅っこにちょろっと載ってる項目で見逃していることって、たくさんありそうですw 精進しないといけません。

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960