◯-wordであるある 直接的な表現を避けるため、◯-wordという表現をたまに聞きます。◯にはある単語の頭文字が入るようです。そのなかから有名なのを今回は紹介。 L-word、愛の言葉 ドラマの中でよくあるシーンの一つが、「I love youと言われたけど、唐突だったり心の整理がまだできてないとかで、Thank you.と返してしまった」というシチュエーション。あるある度は、水戸黄門で言えば、黄門様や八兵衛のそっくりさんが出てくる感じでしょうか。この場面から、仲がこじれる→また付き合いだすというプロット引き伸ばしの技術にもなってる気がします。 次は、『The Last Man on Earth』シーズン1 エピソード11のトッドとメリッサの朝食のシーンから。昨日I love youにthank youと返されたトッドは、パンケーキの形をいつものハート型から普通の丸にしてメリッサに出します。メリッサは昨日のことが影響していると気付き、軽々しくL-wordは口に出したくない、と弁明していますね。昨日I love you too.とloveを使わなかったので、今日も避けようとしている心理の現れでしょうか。 ト:Good morning. Here you go. Breakfast is served. メ:What's this? ト:Uh, did I miss something? It's juice, syrup, pancake. All there. メ:Todd, what's wrong? ト:Nothing's wrong, everything's great. メ:Look, I'm sorry about the other day. It's just I don't take saying the L-word lightly. The Last Man on Earth シーズン1 エピソード11 P-word、Pの件 上記のL以外にもなんでもこの表現は応用できます。『ビッグバン★セオリー』シーズン4 エピソード3では、ラジが前のシーンでトイレをpotty(おまる)とindirectに言い換えたのを普通に言えと忠告を受けての次の場面。ラジがまた使うので、ハワードがP-wordの件はもう話しただろ、と暗にその単語を使うなと忠告。それに対し、ラジは僕を変えようとするな、と反撃していますね。ちなみに、シェルドンがこのシーンおかしいのは、エイミーと喧嘩した直後だからです。物理より脳科学が優れていると言われたら、シェルドンが怒るのもやむを得ないですね。

続きを読む

簡単な単語の組み合わせであるある 誰でも知っている単語の組み合わせで色々な表現ができるのも英語の魅力。小難しい単語を覚えなくとも、さらっとこういう単語が使えると嬉しいですね。 Heads Up / 注意喚起 これも非常によく聞く表現。深刻なことじゃなくちょっとした警告なんかに使われますね。自分なんかはwarningとか使っちゃいそうですが、カジュアルにこういう表現を使えるようにならねば・・・。それにしても、なんでheads upなのか。他人のheadsをupさせるもの(=注意深くさせる)だからでしょうか? 次は『ビッグバン★セオリー』シーズン1エピソード6から。すごく短くて申し訳ないですが、状況は、ギーク4人がペニーの家のハロウィンパーティーに呼ばれたところ。最初は乗り気じゃなかった4人も仮装があると知って一転乗り気に。ハワードはロビンフッドに仮装し(ピーターパンと皆に思われるんですが(笑))、いざペニー家のドアを叩くところ。その前に、みんなに注意喚起するときにheads up。ラッキーがあったらコンドームは矢筒に入ってるぜ、というわけですね。しっかし、ペニー若いねーw ハ:Just a heads up, fellas, if anyone gets lucky I've got a dozen condoms in my quiver. The Big Bang Theory シーズン1 エピソード6 Game Changer / 大変革を起こす物・人 今までの常識をくつがえすくらいの発明とか発見とかそういう意味ですね。iPhoneなんかそうかもしれません。ゲームそれ自体を変えてしまうもの。いうなれば、アインシュタイン博士の相対性理論みたいなもんです。物理法則が変わってしまいましたもの。 『The Last Man on Earth』シーズン1 エピソード8では、地球上から動物さえも居なくなったと思っていたところに、牛が見つかり皆大はしゃぎに。フィルが最初に見つけたのですが、メリッサ他に紹介するときにこれはgame changerだと言っていますね。肉なんて食べられない世界だからこその表現です。奥さんのキャロルも皮肉言ってた割には、見たら見たで「もう動物は見られないと思っていた」ですから。ちなみに、フィルはハンバーガーにしたいみたいですが、うまくいくんでしょうか? それにしても、動物もいなくなっているとすると、魚、菌類、植物はどうなんだとか、体内の微生物はどうなんだ、そいつらが居なくなったら人間は生きて行けないんじゃないか等突っ込みどころが結構あるドラマです(笑) フ:In a moment, I'm gonna open this door, and you're gonna see something that's gonna knock your frigging socks off. I mean, this is a game changer.

続きを読む

日本語のものと全く異なる発音であるある ドラマ観てる時は音が命。聞き慣れない単語が出てくると途端に混乱待ったなし。ここでは、日本語ではおなじみでも、英語の発音ではだいぶ違う単語を見ていきましょう。 Missile /mísl/ ミサイル はい、カタカナ英語でミスルです。コレはミスりますね。 『スーパーガール』シーズン1 エピソード2より次のシーン。スーパーガールとしてパブリックになり、自分のスーパーパワーで地球の平和に貢献したいカラ。どのくらいの潜在能力があるのか追尾ミサイルを避けたりしてテストしている最中、同僚のウィンから事件を聞きつけます。育ての親のアレックスは自重を求めますが、今まで隠し続けてきた自分の力を解き放ち人を助けることに意義を見出したカラを止めることはできません。この慢心が危機につながらなければいいのですが・・・ ウ:Supergirl. Come in, Supergirl. カ:Winn, what is it? I'm kind of busy right now. ウ:Kara, there is a huge fire raging down at the National City port. It is bad. カ:All right. I'm on my way. ア:Hey, you've been dodging missiles and pushing your endurance for the last two hours. Even you have your limits. カ:For the last twelve years I hid who I was.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960