夏休みボツネタ企画第二弾はAfter you.。そのまま訳せば「(私は)あなたの後に」。つまり、レディーファーストとかで相手に先に行ってもらう時に使う定番表現。日本語だと「あなたが先に行って」なのに対し、英語だと「私が後に行く」と視点が逆になるのが面白いですよね。こういう表現って英語資格試験には出てこないし、英語の教科書でもカバーしない感じなので、出会えるのは海外ドラマ冥利に尽きると思います。普通に使われる表現でもあるし。では何故以前ボツにしたかというと、ドラマの中でこの表現を使った面白いシーンが無いから。だって、部屋等に入る時にAfter you.するシーンばかり。つまんねー(笑) 今回はその中でも少し変化のあるパターンを見てみます。 フレンズから ロスが近所を歩いていると、引っ越してきたかわい子ちゃんが車から荷物を部屋へ運んでいます。軽い会話の後、お腹が減ったでしょと食事に誘い、OKをもらうと残りの荷物を運んであげるロス。二階に上るのに、女性にAfter you.と言われると、「いやいやあなたが先に」とあくまで紳士のロス。好印象を与えられたのでしょうか? こんな感じでAfter you.を譲り合うパターンもよく見かけますね。 ロス: You're gonna be starving after moving. What do you say I take you to dinner? 引っ越して来た女性: I'd like that. ロス: Great. Let me take this up. 女性: After you. ロス: Oh, no. After you. Friends/Season 7/Episode 17 ウォーキング・デッドから リックとガバナーが交渉を行っている外では、ダリルとガバナーの部下が湧き出たゾンビの対応に当たります。二人は「お先にどうぞ」と互いに相手に譲り合いますが・・・。これは先に行くのがかなり嫌な状況ですね(笑) ダリル: After you. ガバナー部下: You first. The Walking Dead/Season 3/Episode 13 The Walking Dead [Credit: AMC]

続きを読む

This Is UsのNagasaki - ドラマの中の英語 ちょっと前の記事でThis Is UsのNagasakiという動詞を紹介した時、何故広島でないんだろうと疑問に感じましたが、それじゃあということでこの週末、海外ドラマの中で広島と長崎はどちらが多く使われるかを調べてみました。ついでにどのような文脈かも。もしかしたら、This Is Usが長崎を選んだ理由も見えてくるのかもしれません。いつものように、調査は自分が見たドラマ限定です。曖昧検索で似た文字列もヒットさせます。 Twin Peaks(場所) 昔長崎に居たそうです。長崎が先に得点、長崎(1) - 広島(0) My family was at Nagasaki. Twin Peaks/Season 2/Episode 6 Desperate Housewives(原爆) 原爆サバイバル本の内容でちょうど長崎の箇所を読んでたみたい。長崎(2) - 広島(0) -What are you reading? Tips for Surviving a Nuclear Attack. The people of Nagasaki never saw it coming. Desperate Housewives/Season 8/Episode 6 Numb3rs(歴史) オッペンハイマーの話です。広島初得点。長崎(2) - 広島(1) You know, after seeing the destruction at Hiroshima, Robert Oppenheimer spent the rest of his life fighting nuclear proliferation and totally destroyed his career, but he valued the lives of his friends and family even more.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960