英語での「じゃんけん」についての質問

英語に冠するポッドキャスト『A Way with Words』に「じゃんけん」について興味深い質問が来てました。

「じゃんけん」の英語名称「rock, paper, scissors」の順番についてです。

ちなみに、知らない人向けに解説しておくと、rockが「石」なのでグー、paperは「紙」なのでパー、scissorsは「ハサミ」なのでチョキですね。

この質問者はじゃんけんを「paper, scissors, rock」という順番で呼ぶように育ったんですけど、大人になって他の人からそれは違うと指摘されたんだとか。ちなみに、日本語だと「グーチョキパー」の順が一般的ですよね。他の順番ってあるのかな? でも、アメリカ内だと順番は結構まちまち。一応、現在の標準は「rock, paper, scissors」みたいですけど、この番組の言語学者のホストが過去の新聞を調べたら、数学的に可能な順番が全ての出てきたのだとか(笑) 面白いですね。

ちなみに、手元の和英辞郎を「じゃんけん」で調べてみると・・・

じゃんけん

paper, rock [stone], scissors ; paper, scissors, rock [stone] ; scissors, rock [stone], paper ; scissors, paper, rock [stone] ; paper-scissors-stone ; scissors-paper-stone ; scissors-stone-paper ; stone-paper-scissors ; stone-scissors-paper ; paper-stone-scissors, paper-rock-scissors, paper-scissors-rock, rock [stone], paper, scissors, rock [stone], scissors, paper, rock-paper-scissors, rock-scissors-paper, scissors-paper-rock, scissors-rock-paper
和英辞郎

うわー、なんかめっちゃ出てきたw 英国のstoneバージョンもカバーしてるので、すごいボリュームになってます(笑)

この遊び「じゃんけん」の名前

でもね、個人的に、ここである疑問がふとよぎったんです。

あれ?英語には日本語の「じゃんけん」みたいなゲーム自体の名称は無いの?

そう、彼らが順番はともかく、「じゃんけん」を「rock, paper, scissors」という呼称しているってことは、日本語だとゲーム自体を「グーチョキパー」と呼んでいるようなものなんですね。

ゲームの名前を全ての手の列挙で表現しちゃってるんです。

これってかなりアホじゃね?! ゲームの「チェス」をキング・クイーン・ビショップ・ルック・ナイト・ポーンと駒の名前を列挙して呼んでるようなもんじゃないですか(笑) これじゃあ、名称の順番がゴチャゴチャになるのも無理はないですよね。

じゃんけんをする子供達
Image by HeungSoon from Pixabay

「じゃんけん」の発祥

こうなると気になるのが、そもそも「じゃんけん」の発祥って??

そこでWikipediaを調べると、面白い事実が。

Rock paper scissors

By the early 20th century, rock–paper–scissors had spread beyond Asia, especially through increased Japanese contact with the west. Its English-language name is therefore taken from a translation of the names of the three Japanese hand-gestures for rock, paper and scissors

「じゃんけん」のゲームは古くは中国発祥で、アジア各地に輸出され独自に発展。そして、日本バージョンの「じゃんけん」が西洋に広まっていったんだとか。だから、記事冒頭のポッドキャスト『A Way with Words』の番組最後に日本語の「じゃんけんぽん」が出てきたのか。

The game itself appears to go back to counting games in Asia such as Japanese jan ken pon.

A Way with Words

ああ、その時に手を意味する「グー・チョキ・パー」だけでなく、ゲームの名称「じゃんけん」も一緒に輸出してあげていれば、外国人がゲームの名前でこんがらがることなかったのに(笑) そして、自分が海外行ったときに「本場日本のじゃんけん(Janken)を見せてあげる」とかネタにできたのに(笑) 本当に残念。

いずれにしても、英語で「じゃんけん」は3つの手「rock, paper, scissors」を列挙して呼称としていて、その順番にネイティブが混乱しているという意外なお話でした。それでは〜


「ゆびきり」になると・・・↓