今気づきましたが、この記事タイトルだと、マグロ等の寿司ネタと、寿司に関するネタのどちらにも取れますねw ここでは後者。海外ドラマの中には時々寿司(sushi)が話題として出てきますが、出てくる典型的シチュエーションを見てみます。 田舎者が嫌悪 なぜか知らないけれど、田舎から都会に出てきた人が寿司屋に連れて行かれ、寿司を毛嫌いするパターンがよく見受けられます。寿司自体に偏見があるのか、それとも、そういう都会の暮らしに対する反感なのか・・・。面白いことに、このシチュエーションはテレビお約束集としても載ってました: tvtropes.org 次のシーンは、テキサスから息子を訪ねてきたシェルドン母を寿司に連れて行った帰りのシーン。感想を聞くレナードに、cookされてて肉なら更に良かったとはシェルドン母。日本人的には「もうcookされているじゃん」と思いがちですが、cookは火を使うことが前提なので、寿司は該当せず。寿司作りの際の動詞はmakeみたいですね。あ、でも炙り寿司はどうなんだ!? レナード: Mrs. Cooper, what did you think of the sushi? シェルドン母: Good. The only thing that would have made it better, if it was cooked. And if it was beef. The Big Bang Theory/Season 5/Episode 6 妊婦が食べられない これも本当によく出てくる。妊婦が食べたいけれど、医者に言われて食べられないパターン。自分は男なので、てっきりナマモノにあたるからと思ってましたが(それもあるけど)、今回記事を書くのにあたり調べたら「水銀」というのが出てきて、驚くと共に非常に勉強になりました。お腹の赤ちゃんは水銀に対処できず、体内に溜め込んでしまい、生後聴覚の能力に影響が出るとか。これもテレビお約束集にあるかと思ったらあらず。でもよく考えてみると、テレビのお約束と言うより、医学の方の話でした。 次のシーンは、妊娠中バーナデットに何かしてあげようとするペニーですが、あれもこれも医者に禁止されているバーナデットです。医者を代えろというペニーの冗談に笑いもしないバーナデットを見て、笑うのも禁止されているのかとはペニー。 ペニー: Are you hungry? How about that sushi place you love? バーナデット: Doctor said I can't have sushi. ペニー: Okay, look, we don't have to go anywhere.

続きを読む

flowerに処女であることの意味があることに最初に気付いたのは、フレンズのデブモニカ(こう書くと可愛いw)が「私のflowerをあげる」という表現を使っていたからでした。その場面では、周りから(レイチェル?)、その表現を使うのはやめろと窘められたので、古臭い表現なんだなとしか思いませんでしたが、最近他の番組でも聞いたので少し調べてみたら、たまに使われる表現のようです。日本人的感覚だと、花と処女性は似てるようで少し外してる例えな気がしますが、いかがでしょうか。ということで、海外番組での使われ方を見ていきましょう。 フレンズ 自分のflowerの原点となったフレンズのもしも回から。モニカはデブのまま30を迎えてしまいます。レイチェルに以下の内容を話し、ロジャーに自分のflowerをあげようと考えます。 デブモニカ: I'm just waiting for the perfect guy. I'm seeing this guy Roger. He's not perfect... but I'm thinking maybe I should get it over with. You know, give him my flower. Friends/Season 6/Episode 15 Friends [Credit: NBC] ビッグバン★セオリーから 実家テキサスへのエイミーとの旅行内容を話すシェルドン。エイミーが自分のflowerを取ったと言うと、ペニーは男の子はflowerがあるのかと疑問に思います。レナードは、シェルドンの下半身に何があるかなんて誰も分からないと混ぜっ返します。やはり、flowerという語感から女性に使われる感じですね。 シェルドン: I am her precious little boy. And you did take my flower. ペニー: Do boys have flowers? レナード: Who knows what he has down there.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960