「Mayhap」ってなんだ?!

海外ドラマを見てると時々本当にこんな英単語あるのかよというものに遭遇します。そんな英単語の一つが今回の「mayhap」です。あれ? あの英単語になんか似てるけど、でもなんか違う。このmaybeとperhapsを合成した感じが非常に気持ち悪いですね。しかし、この英単語は辞書にれっきとして載っている正真正銘の単語:

mayhap

(archaic, rare) maybe, perhaps, possibly, perchance:

archaicとあるのでいわゆる古語ですが、意味はperhapsに同じく「多分」。手元の字幕では2件の海外ドラマシーンしかヒットしませんでした。では早速見ていきます。

Parks and Recreation

炭酸に税をかけ税収入アップと健康的社会という法案を提出したレズリーは、反対派からの法案を通したらノープ落選させるという抗議でジレンマに陥ります。自分自身の提出した法案に反対するとなれば前代未聞。議会の投票直前に気持ち悪くなるレズリーは吐きながらも休憩を要求します。その要求中にも吐いてますが。ここでは、歴史の重みある議会らしくmayhapをs付きで使っていますね。sの有無はどっちでもいいんでしょう。

議長: Councilwoman Knope, how do you vote?

レズリー: Oh, no. Uhh! Gentlemen, it appears that I have fallen ill. Mayhaps, might I suggest that we have a re–aah! Can we take a recess?

Parks and Recreation/Season 5/Episode 2

glee/グリー

競技会で歌って踊りまくった翌日、オンラインのレビューを読むメンバー。すごい褒められようにみんな大興奮です。ここでenrapturedは魅了されたの意。「観客がこんなに魅了されたことがあったのかな? 多分あった。でも・・・」。このレビュアーのトーンはこれでもかと衒学的で格式高い感じ。mayhapを使うのもうなずけますね。

レビュー: this reviewer was forced to ask himself, ‘Is this not how it felt Michaelangelo paint the Sistene Chapel? And might the directing team of Mr. Hudson and Mr. Abrams be headed for careers at NASA?’ They should be, because last night they plucked stars from the firmament and named them Marley Rose and Ryder Lynn. Has ever an audience been so enraptured? Mayhap. But when the last breath of life crosses this reviewer’s lips, it shall utter but three words: ‘Grease, McKinley, Bravo.’

Glee/Season 4/Episode 6

最後に

実は日本のテレビ番組なんかである100人に聞いて一人しか正解しない問題の英単語版でやってみたかったのです。手元の字幕DBには6000近くのエピソードが入っているので、その中でたった一回しか使われていない英語表現。mayhapは残念ながら2回と1回にはなりませんでしたが、かなりいい線行きました。今回のようにmayhapsとsが付くこともあるみたいですね。このシリーズは割りと面白いのでOnly One Challengeというタグで続けて行きたいと思います。

mayhap, オンリーワンをそのうち見つけられるでしょう(笑)

それでは〜


「Maybe」と「Perhaps」の間の差異↓