Image by Free-Photos from Pixabay topsは会話で最大でもを表せるカジュアルな表現。数字を最初に言って、最後にtopsを付けるだけなので、明日からでも使えます。例えば、 -年末の忘年会の費用は? -4000円、tops. と言った感じ。めっちゃ簡単ですね。 次のBetter Call Saulの場面は、CM撮影に学校を借りようとするところ。かかっても5分だから撮影を許可して欲しいとお願いしてます。 ソウル: We're shooting what's called an establishing shot... five minutes, tops. Better Call Saul/Season 2/Episode 9 次のPsychのシーンは、付き合ってる男の背丈の上限をtopsで表現。 I'm seeing a man... 5'9", 5'10" tops. Shaved head. Psych/Season 1/Episode 9 こんな感じで、topsで上限を簡単に言えてしまうんです。 こうなると気になるのが、果たして逆はあるのかどうか。つまり下限の方ですね。あるとしたら英単語はbottomsになるはず、自分は海外ドラマでは聞いたこと一度もないけど。 そこで頑張って探してみたんですが・・・、これが検索しても出てこないんです。下限はat leastしかないの? でも、それは片手落ち感が半端ないですよね。学校の体育の時間に、先生に「ペアになってー」と言われて、at most君とat leastさんはペアになったのに、tops君だけボッチじゃないですか! 最終的に先生とペアになるやつやん。うーん、めっちゃ気になる。多分、topsの由来を調べればなんか出てきそうな気もします。sはどこから来たのか等。掘って面白い結果が分かれば、また記事にしたいですね。

続きを読む

最近、blogのサブタイトルを「The name of the game is communication」としてみました。「ゲームの名前はコミュニケーションだ」。ちょっと格好つけすぎかも。実はこれ自分で作ったのではなく、最近読んだ本に載っていたのをパクらせてもらいました。辞書を引くと一応「主要目的」という意味が載ってますが、個人的にはそのまま訳す「ゲームの名前」という響きが好き。自分が関与している活動をゲームにたとえ、それの本質は○○だ、と看破する感じ。例えば、TOEICのリスニングの点を如何に向上するかという話をしている時に、「ゲームの名前は先読みなんだよ!」とか。「な、なんだってー」という周りからの驚きの声が聞こえてきそうです(笑) それでは早速、そんなthe name of the gameという表現の使われ方を、海外ドラマの中で見てみたいと思います。 The Office(US)から 景気が悪くなったための予算縮小はどこの企業でもあること。下記シーンでは、予算縮小をthe name of the gameを使って大げさに言ってますね。でも案外、ゲーム感覚でやれば結構減らせるのかもしれません。ここで、immune toは”影響を受けない”。”免疫がある”という医学用語でもありますね。 Well, Lackawanna County has not been immune to the slow economic growth over the past five years. So for us, the name of the game is budget reduction. The Office(US)/Season 2/Episode 7 Psychから 人間の本質について講義のシーン。ゲームの名前は生存だと言ってますね。そのために戦わねばならず、一度戦ったからには勝たなきゃいけない。うーむ、深いです。 The name of the game is survival, sports fans. In order to survive, you've got to fight.

続きを読む

Don't 「直前の呼びかけ」 Me!

以前This Is UsのNagasakiやザッカーバーグでやったように、基本、英語は固有名詞はなんでも動詞になりえます。その固有名詞が持っているニュアンスが動詞化するんですね。でも、海外ドラマでよく出る表題の「Don't "直前の呼びかけ" me!」は固有名詞の場合でも、ちょっとニュアンスが違います。百聞は一見にしかず。実際のドラマでの使われ方を見て、どんなニュアンスなのかを見てみたいと思います。 『リック・アンド・モーティ』から 神アニメ『リック・アンド・モーティ』からは、父親とリックが出かけてる際に、姉が巨大化し赤ん坊に戻ってしまったエピソードから。母親は自分の力で解決を図ろうとマシーンのサポートセンターに問い合わせるも梨の礫。モーティーは母のスマホを叩き壊し、怒りを爆発させるのが次の場面。母が「モーティー」とスマホを叩き壊した事を非難するのに対し、僕に「モーティー」するなと辛辣です。説教するなって感じですね。責任感のない大人に説教はされたくないモーティーです。 モーティー母: Morty! モーティー: Don't "Morty" me! I tricked Rick into taking Dad on an adventure because I thought I could get a break from this kind of shit but no! Like father, like Goddamn daughter! You want to be like Rick, congratulations! You're just as arrogant and just as irresponsible! Rick and Morty/Season 3/Episode 5 Rick and Morty [Credit: Adult Swim]

続きを読む

Photo by Waldemar Brandt on Unsplash 「余の辞書に”不可能”の文字はない」と言ったのはナポレオンみたいですが、英語では辞書じゃなくて「ボキャブラリー」に無いという言い方がよくされます。この言い方、英語特有なんでしょうか? ですので、「○○の文字は私の辞書には無い」と英語で言いたい時は、辞書ではなくボキャブラリーにしましょう。 それでは、いつものように海外ドラマ内でのNot in Someone's Vocabulary使われ方を見てみたいと思います。何の文字が無いと言っているのでしょうか? No プリズン・ブレイクでは、Noがボキャブラリーにないと言ってますね。 the word "no" won't be in my vocabulary. Prison Break/Season 4/Episode 1 こちらThe Officeでも、Noの文字は彼女にはないようです。 The word "no," not even in her vocabulary. The Office(US)/Season 8/Episode 1 Quit Psychではquit。あちらの社会では、quitterは負け犬の扱いですからね。 the word "quit" is not in my vocabulary. Psych/Season 1/Episode 15 Fear Gleeではfear。no longerという言い方から、もう恐怖しないということですね。弱点を克服した少年漫画の主人公的なセリフです。 Yep, fear is no longer in my vocabulary. Glee/Season 3/Episode 22

続きを読む

海外ドラマの中のではよく「Semen(精液)」ネタが出てきます。発音が「シーメン」なので(ザーメンではない)、似た発音の英単語に掛けてダジャレで使われます。そんなシーメンなシーンを番組の中からいくつかピックアップ。エロいシーンはありませんので、悪しからず

続きを読む

Image by Pexels from Pixabay short noticeはビジネスシーンなんかで頻繁に使われる表現。普通は、急な話で申し訳ないんですが・・・という前置きに使われます。この後に、ミーティングのキャンセルや注文数量の変更といった相手の嫌がることが続く感じ。多分、TOEICなんかにも出てくると思いますが、ここでは海外ドラマの中での使われ方を見ていきましょう。 ギルモア・ガールズから ジプシーは町の車修理屋。急な話なのに来てくれてありがとう、と感謝です。このようにsuchを付けるのもよくあるパターン。ちなみにこの場面、別の客が来た時ローレライは「Thank you for coming over at the last minute.」と言ってますね。last minuteも直前という意味で、全体としては以下のセリフと同じような意味になってます。 ローレライ: Hey, Gypsy. Thanks for coming on such short notice. Gilmore Girls/Season 5/Episode 13 Gilmore Girls [Credit: The WB] Psychから 謝るのは基本ですね。short noticeと言えばゴメンというくらい関連があります。 My apologies for the short notice. Psych/Season 5/Episode 10 NCISから ヒットした中では比較的丁寧な言い方だったのがこれ。 I appreciate you coming down here on such short notice, Mrs. Powers. NCIS/Season 1/Episode 20 最後に ほとんど感謝か謝罪と一緒に使われるこのshort noticeですが、

続きを読む

Image by Free-Photos from Pixabay 海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合 - ドラマの中の英語 ちょっと前に、動名詞の意味上の主語の記事を書いたので、今回はto不定詞の意味上の主語(of + 人、人の性格のパターン)を考えていきます。多分学校では、通常はforにして、人の性格の時はofにするという変なルールを習ったはずです。実は、海外ドラマを見ていたら、高校(?)の時に習ったこの説明に違和感を感じるようになっちゃいました。その辺を明らかにするため、今回は使われるシーンを沢山選びます。そして、使われているセリフを一行抜き出すだけで、場面の背景説明は省きます。それでは、ドラマの実例を列挙して行きましょう〜 it's sweet of you to say. NCIS/Season 7/Episode 20 「言ってくれるなんて優しいのね」。この辺は分かる。 It's kind of you to give them a lift. Downton Abbey/Season 4/Episode 8 「彼らを乗せていってくれるなんて優しいのね」。to不定詞で形容詞がkindなのでof。 Oh, it's really sweet of you. Glee/Season 4/Episode 21 「まあ、あなたって本当に優しいのね」。to以下が省略。 That's really sweet of you. Grace And Frankie/Season 4/Episode 1 「ご親切に感謝」。That'sになる。 Oh, that's sweet of him. The Flash/Season 1/Episode 14 「まあ、彼って親切」。 That's very kind of you.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960