「You’ll thank me later」の意味

You’ll thank me laterは文字通りの意味「後で感謝する」を意味するだけでなんの変哲もないんですが、海外ドラマなんかでよく使われるので取り上げてみます。

まあ、本当に感謝するのかどうかは別として、結局のところ「後になれば分かる」と言ってるわけですね。

名探偵モンクの口癖

実は、このフレーズが口癖のキャラが海外ドラマに一人いるんです。それが名探偵モンク。実際、彼のWikipediaには次の通り:

名探偵モンク

推理を披露するときの「経緯はこうです」(Here’s what happened)が決め台詞。ほか、「天賦の才です。…難儀なね」(It’s a gift…and a curse.)「後で感謝しますよ」(You’ll thank me later.)が口癖

その『名探偵モンク』での「You’ll thank me later」の初出を調べたら、次のシーズン1エピソード7からでした。場面は、モンクが捜査に赴いた先で、唐突に飾ってあったバラの花を切り出すところ。訝しげに思う女性に対し、You’ll thank me laterとモンクです。一本だけ長く突き出ていたので強迫神経症のモンクは気になったのでした。まあ、明らかに後で感謝はしませんね(笑)

女性: Excuse me. What are you doing?
モンク: This one was sticking up. You’ll thank me later.
『名探偵モンク』で、バラの長さを揃えようとする強迫神経症のモンク
Monk [Credit: USA Network]

他のドラマでもこのフレーズは度々登場していますね。

『ベター・コール・ソウル』での例

例えば、次の『ベター・コール・ソウル』では、ジミーが弁護士事務所を借りているネイルサロンのオーナにビジネスのアドバイス。曰く、「あなたがビジネスをrunするのではなく、ビジネスがあなたをrunする」のだと。そして、「You’ll thank me later」で締めます(笑) なかなか深いセリフですね。

オーナー: I have a business to run.
ジミー: Uh, no. The business is running you. Listen to me. You’ll thank me later.
『ベター・コール・ソウル』で、ネイルサロンのオーナーにビジネスの金言を教えるジミー
Better Call Saul [Credit: AMC]

『ギルモア・ガールズ』での例

最後の例は『ギルモア・ガールズ』から。母親のエミリーから「財布を持ってこい、You’ll thank me later」と言われるローレライ。後でお金の支払いをすることになるようですね。

エミリー: Grab your purse. You’ll thank me later.
『ギルモア・ガールズ』で、財布を持ってくるように母エミリーから言われるローレライ
Gilmore Girls [Credit: The WB]

最後に

と言った感じで、「You’ll thank me later」は使われるのでした。いずれも「後で感謝する、後で(理由は)分かる」と言ったニュアンスですね。

なお、今回調べるまでYou’ll thank me laterが名探偵モンクの口癖とは全く知りませんでした。モンクと言えば「A Blessing and a Curse」だけだと思っていたので(笑)

それでは、また〜