挨拶「What’s Up?」

What’s up?」は「最近どう?」と相手の様子を尋ねるカジュアルな挨拶ですね。「‘sup?」まで短縮されることもあります。サップって・・・(笑) まあ、無言よりマシって感じです。

ただ、これへの返答で「ceiling」というのがあることを最近知りました。ceilingはもちろん天井のこと。

ビルのガラス天井
Image by Free-Photos from Pixabay

これ、最初は何のことか全く分からず、ceilingという返事がてっきりあるんだと思ってしまってました。しかし、Urban Dictionaryを引くと・・・

ceiling

What you say when somebody asks you “what’s up” in a room. Usually said to piss someone off.

部屋の中での「what’s up」への返答。通常、相手をムカつかせるため

“Hey man, what’s up”

「やあ、どうよ」

“ceiling.”

「天井」

“WTF? you suck shit man!”

「何言ってんの? お前最悪だな!」

とあります。つまり、「what's up」を挨拶でなく、文字通りの意味「上に何がある?」と取って、今居るのが部屋の中なので、「天井(ceiling)」と答えているだけなのでした(笑) なんじゃそりゃw オヤジギャグじゃん・・・

海外ドラマでの「What’s Up?」「Ceiling」を探して

でも、個人的に海外ドラマ1万エピソード以上見てますけど、この返しって1回も聞いたことないんですよね。確かにこれは子供っぽいし、相手をムカつかせるものってのも分かります。しかしですよ、海外ドラマには奇人変人、子供っぽいキャラとか沢山いるじゃないですか。一人くらい「ceiling」と返すキャラが居るはず・・・

そこで、「what’s up?(‘sup?)」に「ceiling」と返事してる場面が無いか字幕を検索してみると・・・

じゃじゃーん。全く無いですね(笑) 驚くことに1件もヒットせず。

ということで、結局「what’s up」への返し「ceiling」は使われないっぽいですね。少なくとも、私がこれまで見てきた海外ドラマ内では。

最後に

今回は「ceiling」という返事0件という残念結果に終わりましたが、文章を文字通りの意味にとって笑いに昇華するというのは非常によくあるパターンですので、そちらは常日頃から気に留めといた方がいいでしょうね。心の片隅に入れておいてください。

例えば、イディオムをそのままの意味で取る=笑いという記事を昔書きましたが、イディオムなんかはすごく典型的ですね。

逆に、興味深いフレーズに出会ったら、「文字通り訳したらどういう意味か?」ということも考えてみると面白かったりしますので、お試しあれ。

それでは〜