赤いコード?青いコード?

時限爆弾爆発まで残り10秒。爆弾解体班との通信も雑音が入りよく聞き取れない状況。周囲にいる人質は身を伏し出します。主人公のあなたは、もう一か八かで切るしかありません。そのコードの色は・・・。

いろいろなコードが出てる時限爆弾
Image by Hawksky from Pixabay

時限爆弾の色付きコードを切るお約束

この「時限爆弾の色付きコードを切るお約束」は様々な映画・海外ドラマで出てくるお約束ですよね。筋書きの鉄板中の鉄板なので、一度も見たこと・読んだことない人は、若い頃から刑務所に服役してたか記憶喪失かを疑われるレベルです(笑)

このお約束には様々なバリエーションがありますが、最終的に残り数秒の状況で、主人公が何色のコードを切ればいいのか分からず、BGMの緊張が高まる中、ランダムに切って事なきを得るというのが典型パターンでしょうか。主人公属性があるので、どの色を切っても結局問題ないんですけどね(笑)

次のTV Tropesの記事「Wire Dilemma」がこのお約束を説明しています:

Wire Dilemma

In fiction-land, disarming just about any bomb is a matter of cutting the right wires in the right order — usually each wire will be given a distinctive color, and an assistant will read from a manual: “Clip the red wire, then the blue wire, then the yellow wire…” The implication is generally that if the wrong wire is cut, the bomb will explode instantly, killing the person disarming it and everyone else in the blast radius. Combines Race Against the Clock with the need to make absolutely sure you’re making the right decision for dramatic tension. Of course it’s never as easy as just following the manual — generally some kind of subversion is used to heighten tension.

フィクションの世界では、どんな爆弾にせよ解体することは正しいコードを正しい順序で切ることに集約される、通常各々のコードは見分けの付く色が付き、助手が手順書を読み上げる「赤いコードを切って、青いコードを切る。それから黄色・・・」。予期されることは一般的に、誤ったコードを切ると即座に爆弾は爆発し、解体している本人と爆発半径内に居るものを殺す。絶対正しい選択をしなくてはいけないことと爆発の時間が刻一刻と迫る緊迫の状況の組み合わせが、劇的緊張感を高めるために使われる。もちろん、手順書通り従うのは容易ではない、通常何かしらの邪魔が入って、緊迫感をさらに高める。

とあって、古今東西、爆弾解体に色が付いたコードはつきものなんですね。

個人的に昔からの疑問が、なんで異なる色のコードを爆弾製作者は使うんだろうという点。同じ色のコード使えば良くない? なんか、解体してくださいというフラグになっている気もするんですけどね(笑) まあ、爆弾製作者自身が万が一の時に解体できないという可能性の考慮があるのかもしれませんけど。

なお、上記「コード選択のジレンマ」記事には続きがあって、このお約束の様々なバリエーションも書いてあります。その中に私の持つ疑問もw:

Wire Dilemma

知られたバリエーション:

  1. 指示された色のコードが存在しない
  2. すべてのコードの色は同じ
  3. 数百本のコードが爆弾にある
  4. コードを切ることは引っ掛け
  5. 主人公は色盲
  6. 手順書を読む助手が気持ちをコロコロ変える「うーん、赤かな、青かな・・・緑のコードってある?」
  7. 爆弾解体者が知らない色が使われる(例:モグラ色、オークル色、ターコイズ色、アンバー色等)
  8. 手順書を読む者がこんな事を言う:「手順書によれば、青いコードを切る・・・」(チョッキン)「赤いコードを切った後に」
  9. 誤った色のコードを切ることは爆発には繋がらないが、タイマーの速度を速める
  10. 手順書を読む者が爆弾の形状を尋ね主人公は正確に回答する。しかし、手順書の男は聞き間違いをし、誤った手順を主人公に教える

とあって、これらのバリエーションは既に手垢が付いているみたいですので、ご自身のストーリーテリングでこの「時限爆弾の色付きコードを切るお約束」を使いたい方は違ったアイデアを出したほうが良さそうですね。それにしても、主人公が色盲まで使われているとは・・・(笑)

『ダイ・ハード3』の例

なお、このお約束が出てくるいちばん有名な作品といえば 『ダイ・ハード3』でしょうかね。小学校に設置された時限爆弾を解体するという緊張の場面。意外な結末なのですが、詳細は実際の映画で。

『ダイ・ハード3』で、時限爆弾を解体するためコードを切る
Die Hard with a Vengeance [Credit: 20th Century Fox]

『名探偵モンク』の例

『名探偵モンク』では、モンクが時限爆弾のコードを切ることになります。爆弾解体班からの指示は何色でもいいからコードを切れ。でも、モンクは優柔不断なことができず、時間が迫る中、赤と青のコードで悩みまくります(笑)

『名探偵モンク』で、モンクは時限爆弾のコードが切れない
Monk [Credit: USA Network]

こう見ると、爆弾解体のお約束も様々なバリエーションが生み出されており、その可能性は尽きません(笑)

なお、『名探偵モンク』はYouTubeに公式チャンネルがあって、そちらでこのシーンが取り上げられていました。

青いコードを切るのを人々は好む?

なお『NCIS』に非常に興味深いセリフが。人々は切るのに青色コードを好むんだとか。本当かな? 無理やり理由をつければ、赤は危険な感じがするのかもしれませんね。この辺は多分、心理学者が研究してると思う。

Watch and learn, my friend. You see, most people prefer the blue wire.

NCIS

「時限爆弾の色付きコードを切るお約束」の起源

なお、このお約束の起源を調べてみたんですけど、確固たる回答はないみたいなんです。まあ、最低限コードに色が付いてないといけないので、白黒時代までは遡らないと思いますけど。

一応、次のMovies Stackexchangeスレッドがそれっぽいと思います:

What was the first movie to introduce “blue wire or red wire” bomb disposal?

Answer

A lot of people seem to think Juggernaut is the earliest film to use the “wire dilemma” trope. I found references to it everywhere from Amazon reviews to rap lyrics.

多くの人々が、『ジャガーノート(Juggernaut)』が「コードのジレンマ」のお約束を使った最初の映画と思ってるようだね。僕は色んな所でこの言及を見つけたよ、アマゾンのレビューからラップの歌詞まで。

ということで、1974年公開映画『ジャガーノート』が起源と相成りました。

といっても、そんな映画知らないって人が多いかもね。YouTubeに『ジャガーノート』の爆弾解体のシーンがあったので貼っておきます。

なお、上のスレッドには別回答に面白い情報が書いてあって:

What was the first movie to introduce “blue wire or red wire” bomb disposal?

Answer

One of the “deleted scenes” in Griffith’s 1915 silent The Birth of a Nation had a red wire/blue wire bomb defusing dilemma. The scene was cut because the color issue didn’t work in a B&W film

D・W・グリフィスの1915年の無声映画『The Birth of a Nation(國民の創生)』の「削除シーン」に赤いコード青いコードの爆弾の解体のジレンマがあったんだよ。でもシーンは削除されてしまった、なぜなら白黒映画では色の問題をうまく伝えられなかったんだ

とあって、これが本当なら、アイデア自体は白黒映画で既に実施されていたんですね。グリフィスのおっさん、すげー。

最後に

今回は「時限爆弾解体で色付きコードを切る』お約束の大調査でした。それは、ヒーロー達と爆弾魔達との天地開闢から連綿と続く死闘の歴史でもありましたが、目下のところ、赤なのか青なのか(たまに緑も)、ヒーロー側はこの2択を毎回残り数秒のところで辛くも掻い潜ってきているようにも思えます。それがこの先も続くのか、はたまた爆弾魔側の起死回生の秘策が出るのか、今後もこのお約束から目が離せませんね。

次回、映画・海外ドラマでこのお約束が出てきたのなら、白黒映画のため泣く泣く該当シーンを削除した監督が100年前に居たことに思いを馳せてあげてください。それでは〜


カットはカットでも、映像をカットすると・・・↓