引き続き、イラストをもとにコラムもどきを書いていきたいと思います。今回はフェニックス、不死鳥。蘇ることで有名な空想上の生き物ですね。「不死鳥のように蘇る」なんて、日本語では既に定型句にすらなっています。 このPhoenix、海外ドラマの中でも、もちろん蘇る意味で引用されるんですけど、日本語にはあまりないと思われる特徴があるんです。適当にPhoenixが出てくるセリフをピックアップしてみますので、どんな共通点があるか見てみましょう。 From the ashes rises the phoenix... This Is Us/Season 1/Episode 2 Phoenix. Risen from the ashes. The Mentalist/Season 4/Episode 21 Like a Phoenix from the ashes. The Office(US)/Season 9/Episode 8 a phoenix from the ashes. House of Cards/Season 1/Episode 7 Two phoenixes risen from the ashes. Elementary/Season 1/Episode 15 お分かりになったでしょうか? そうなんです。灰(ash)が必ず言及されるんですね。もちろん、ashがない例外もあるんですけど、十中八九from the ashesなんです。もう、a phoenix from the ashesだけで蘇るまで言えてる感じ。でも逆に、日本語の場合、「不死鳥のように灰から蘇る」ってあまり言いませんよね。なんか冗長に聞こえるし。なによりここでは灰は重要じゃなく、蘇ることが一番重要なんだし。 こういった言語間の小さい違いって普段なかなか気づきにくいんですけど、気づけると何か得した気分になってしまいます♪ wikipediaで日本語・英語のフェニックスの記事を読み比べると面白いです。日本語の記事本文には「灰」が一つも出てこないのに対し、英語記事には「ash」が出てきます。他の言語だとどうなってるんでしょうか? 調べると面白そうですね。 ja.wikipedia.org en.wikipedia.org 最後に、Phoenixの発音ですが/fíːnɪks/、カタカナだとフィーニクスと発音されます。フェニックスじゃないんですね。また、綴りはo無しのphenixバージョンもあるみたいです。

続きを読む

Kabukiって日本の歌舞伎のことです。正直自分は歌舞伎って見たことないんですけど、アレって初めて見ても面白いのかな? 男が女演じたり、いろいろお約束を理解してないと楽しめないっぽく感じてしまいます。外国人もそれはおんなじなのでしょうか? いくらセリフが英語になってたとしても・・・。 そんな歌舞伎ですけど、海外ドラマだと、はぐれメタルに出会う確率でしか言及されないんです。本当に数例。でも、その言及のされ方が日本人にはちょっと分からないものなんですね。斜め上というか。そこで今回は、Kabukiがセリフに出てくる場面を見て、どう誤解されているかを見てみたいと思います(笑) 次のElementaryでは、強盗の目的が金ではなく別のものにあることを、kabuki theaterを使って言っています。直後にパラフレーズしてdistraction(気を散らす物)と説明してるので、言わんとすることは分かりますね。でもさ、歌舞伎ってdistractionなの?(笑) 変なコスチュームにエキゾチックなメイクしてるから、そっちに気を取られ内容が入ってこないってこと?? The robbery wasn't about the money. It was kabuki theater, a distraction from what was really happening. Elementary/Season 4/Episode 19 次のCastleは更に凄い。捜査官ケイトは地下組織に捕まり、水攻めの拷問(waterboarding)を受けてる最中。髪を捕まれ水の中から顔を引き上げられたところに、悪党が一言「今回は歌舞伎場なしで行こうや。あれは威厳がないからな・・・」 遠くに目をやると、赤く染まったマンホールが・・・。って、あんたにとって 歌舞伎ってなんなのさ(笑) 顔に引いた赤いラインのことなんか? なんか、すっごい誤解のされ方(笑) まあ、ここでは、血が出る拷問無しってことですけど。 Let's do without all this Kabuki theater, Detective. It's undignified. Castle/Season 6/Episode 17 Castle [Credit: ABC] といった感じで、自分には全く理解できない使われ方です。でも、視聴者に馴染みのないKabuki Theaterを使って、何が起こるのかを視聴者の想像に委ねるのはありなのかもしれない。 ちなみに、毎度おなじみUrban Dictionaryによると、Kabukiには「偽物、不誠実、見せ掛け」の意味があるようです。これもなんでそんな意味になったのか分からないけど、一応最初に出した例には合ってる感じ。 Kabuki Theatre, artifice, fake, insincere, something done only for show. AKA lip service

続きを読む

volumeと聞くと、スピーカーの音量だったり、科学の世界では体積を意味しますし、書籍の巻なんてのも表します。百科事典なんか数十巻から成ってたりしますからね。そのためかどうか分かりませんが、多量・たくさんという意味も別に持っているようです。この辺は日本人にはなかなかわからない発想です。ボリュームと聞いても、多いというニュアンスは全然なく、ニュートラルな感じしかしません。 そんな多量という意味で使われるのが、表題の表現 speak volumes です。多量という意味があると知らないと、なかなか意味が取りにくいです。そして、この表現を使った定番フレーズが Your silence speaks volumes. です。君の沈黙が多くを物語る、なんか格好いいですね。沈黙してるのに物語ってしまうという・・・。それでは、海外ドラマでの使われ方を見てみたいと思います。 ビッグバン★セオリーから カメラに写した方程式を解くスマホアプリを作り出し大儲けしようとするいつものメンバー。しかし、シェルドンがプロジェクトの主導権を握ろうとしたため、レナードはシェルドンをプロジェクトから追放します。翌朝起きてみると、シェルドンがアプリの設計改良を一人で済ましてしまっています。昨晩エルフがやってくれたみたい、とはシェルドン。しかし、レナードはこのアプリ改善を拒否。自分のやり方でやるとします。これにシェルドンは、that speaks volumesと言って、ケンカ別れです。 シェルドン: I think you'll be pleased with what the elves were up to last night. レナード: But I fired you. シェルドン: Oh, I know. I'm now an independent contractor. レナード: No, you are now nothing. You have no connection to this project whatsoever. シェルドン: But I made it better. レナード: I don't want it better.

続きを読む

「彼は3年前に死んだ」を数通りに言い換えるいわゆる死んじゃった構文が受験英語にはありますが、今回海外ドラマ内での使われ方を見てみました。実際に使われているのかどうか。そして、使われる頻度を5段階に分類してみました。5が「超使われる」で、1が「ほぼ0」です。動詞は任意の動詞で検索し、死んだがあればそれをピックアップ、無かった場合は他の動詞で代用としました。 S died N years ago.(★★★★★) 次のシーンはマイケルが自分は7年前に死んだと告げるシーン。じゃ、マイケルは何者なんでしょうか? 幽霊? ドラマで実際確認して下さい。このパターンは動詞を死ぬに限定してもシーンを選ぶのが大変なくらいたくさんありました。標準的なので当たり前か。他との出現頻度を比べれば、★1000個でも足りない。 マイケル: I died seven years ago. Prison Break/Season 5/Episode 1 S has been dead for N years.(★) Jackの父親の形見をJonhに渡すシーンから。父は3年前に死んだとJackはこの構文で伝えます。この表現パターンは数件しかありませんでした。 Jack: My father has been dead for three years. Lost/Season 5/Episode 6 It's been N years since...(★★) 死んだ系は見つからなかったので殺されたで代用(笑)。これは数十件ヒットしましたので★2つです。 It's been 22 years since Leah was murdered. Elementary/Season 1/Episode 22 N years have passed since...(★) 過ぎ去った時間を主語にするパターンは5件のヒット。死んだはなかったので、あなたがこの馬鹿げた会話を開始してから、になってます。ちなみに5分しか経っていません(笑) Five minutes have passed since you started this insane conversation.

続きを読む

czarは発音記号で/zɑ́ːr/、カタカナで書けば「ザー」です。cは発音しない。こんな簡単な単語で大御所を表せるのは素敵。語源がシーザーというのも覚えやすいし、ニヤリとさせられます(たしかにシーザーと読める気がw)。authorityやexpertに飽きたらこれも使ってみて下さい。使い方はドラマの実例を見れば一目瞭然。今回は状況説明は抜き、1ラインを列挙します。 ホットドッグの権威(笑) The hot dog czar? Monk/Season 7/Episode 16 ポーニー市避難訓練の権威(笑) I am Leslie Knope. I am the Pawnee Emergency Czar. Parks and Recreation/Season 5/Episode 13 私の生産性の師匠になって! I want you to be my productivity czar. The Office(US)/Season 5/Episode 19 セキュリティの権威を雇った。 he's got a security czar on his payroll Elementary/Season 2/Episode 16 合併の第一人者。私がルール。 I am the merger czar. I make the rules. Parks and Recreation/Season 6/Episode 4

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960