今回はイディオムとか全く関係ないネタ。海外ドラマの中でたまにあるシーンで、In some cultures, ... と他文化の変な風習・伝統を紹介し、それに比べたらマシなんだから現状を受け入れろとか、そこに行けば君は生き神だと慰めるパターンがあります。世界にはご飯を食べられない人もいるんだから、食べられるだけでもありがたく思え、という発想と同じですね。それが風習に特化してる感じです。そこで、In some culturesでどんな文化の風習が紹介されているのかをピックアップしてみます。 3番目の乳首 チャンドラーが3番目の乳首を持ってる設定って、どのくらいの人が覚えているんでしょうか(笑) そのネタで、ロスの彼女(初期に居た中国系)が、ある文化圏では3番目の乳首は男らしさの象徴とされてるとして、裸の女性が周りで踊ってくれると慰めます。こんなところが本当にあるとは思えないんですけど、どこだろう。virilityは男らしさ。 ロスの彼女: In some cultures, having a third nipple is actually a sign of virility. You get the best huts, and women dance naked around you. Friends/Season 2/Episode 4 Friends [Credit: NBC] 親をはずかしめた子の処刑 一部でカルトな人気を誇るFreaks and Geeksから。サムの父親はボードゲームに付き合ってくれない子供たちに不満。他の文化圏なら処刑できると、怖いことを言い出します。中東あたりの話でしょうか? サムの父親: Did you know that in some cultures, if your children shame you, you're allowed to have them executed? Well, I feel shamed.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960