引き続き、イラストをもとにコラムもどきを書いていきたいと思います。今回はフェニックス、不死鳥。蘇ることで有名な空想上の生き物ですね。「不死鳥のように蘇る」なんて、日本語では既に定型句にすらなっています。 このPhoenix、海外ドラマの中でも、もちろん蘇る意味で引用されるんですけど、日本語にはあまりないと思われる特徴があるんです。適当にPhoenixが出てくるセリフをピックアップしてみますので、どんな共通点があるか見てみましょう。 From the ashes rises the phoenix... This Is Us/Season 1/Episode 2 Phoenix. Risen from the ashes. The Mentalist/Season 4/Episode 21 Like a Phoenix from the ashes. The Office(US)/Season 9/Episode 8 a phoenix from the ashes. House of Cards/Season 1/Episode 7 Two phoenixes risen from the ashes. Elementary/Season 1/Episode 15 お分かりになったでしょうか? そうなんです。灰(ash)が必ず言及されるんですね。もちろん、ashがない例外もあるんですけど、十中八九from the ashesなんです。もう、a phoenix from the ashesだけで蘇るまで言えてる感じ。でも逆に、日本語の場合、「不死鳥のように灰から蘇る」ってあまり言いませんよね。なんか冗長に聞こえるし。なによりここでは灰は重要じゃなく、蘇ることが一番重要なんだし。 こういった言語間の小さい違いって普段なかなか気づきにくいんですけど、気づけると何か得した気分になってしまいます♪ wikipediaで日本語・英語のフェニックスの記事を読み比べると面白いです。日本語の記事本文には「灰」が一つも出てこないのに対し、英語記事には「ash」が出てきます。他の言語だとどうなってるんでしょうか? 調べると面白そうですね。 ja.wikipedia.org en.wikipedia.org 最後に、Phoenixの発音ですが/fíːnɪks/、カタカナだとフィーニクスと発音されます。フェニックスじゃないんですね。また、綴りはo無しのphenixバージョンもあるみたいです。

続きを読む

ちょうどdog days of summer(盛夏)も終わったということで、今回は最近見かけた犬関連のボキャブラリーをまとめてみます。 doggy / 犬 犬の幼児語。ドギー。子供がたどたどしく犬をこう呼ぶのって可愛いですよね。 canine / 犬(科の動物) こちらも犬。発音はケイナイン、K nine。dogの別の言い方として覚えておくと良いかもしれない。ちなみに猫の方はfeline(フィーライン)で、これもペアで覚えておくと海外ドラマでは完璧。この接尾辞-ineで動物を指すのは他にもたくさんあるので、気になる人は調べてみてはいかがでしょうか。これからの季節気になる豚インフルエンザはswine flu(スワイン・フル)とか、意外と身近で使われていたりします。 dog years / 犬年齢 犬の1年は人間の7年に相当するのだとか。と言ってもこの表現、海外TVでは犬の実際の年齢を話すときには使われず、人が年齢のサバを読んだ時に皮肉って使われます。 次のシーンは、年下と付き合いだしたブランチが彼との年齢差は5歳とサバを読むシーン。ドロシーは「犬年齢で?」と突っ込みます(笑) ブランチ: This is strictly off the record, but... Dirk's nearly five years younger than I am. ドロシー: In what, Blanche, dog years? The Golden Girls/Season 1/Episode 9 You can't teach an old dog new tricks. / 老犬に新しい芸を教えることはできない。 このことわざは、「すでに意見や習慣を確立してしまった(年取った)人に新しい事を教えることはできない」という意味ですが、海外ドラマだと逆に、「老いぼれでも新しいことは学べるんじゃ」的に使われることが多いイメージ。例えば、引退した老兵が新しい技術を使って何かやってのけるとか。そんなときの決め台詞に、このことわざの肯定形を聞くことが多いかな。関連表現のこっちもよく聞く。 Old Habits Die Hard. / 古くからの習慣はなかなか捨てられない。 - ドラマの中の英語

続きを読む

Image by lisa runnels from Pixabay 接尾辞 -ishに表題の「〜っぽい」の意味があるのは、実際の英単語を見れば一目瞭然。boyish / 男の子らしい、これなんかまさにそうですね。本当の男の子じゃないけど男の子っぽい、と言う感じ。しかし、これだけに留まらないのが英語の魅力でもあり、面倒臭いところでもあります(笑) 日常会話では、みんな普通に-ishを付けて自分だけのオリジナル英単語を量産しています。以下に、海外番組から接尾辞 -ish付き英単語が出てくるセリフをピックアップしますので、どんな感じで使われているか見てみましょう。そして、実際自分でも使ってみましょう!(←ここ重要) Anyway, 7-ish? Friends/Season 1/Episode 5 7時頃。数字に-ishが最も使われるパターンかな。 Soon-ish? Castle/Season 5/Episode 6 soonにもishです。この自由さw When did this happen? Christmas-ish. The Mindy Project/Season 3/Episode 12 クリスマスの頃に起こったからChristmas-ish。 Unless he becomes more... Tony-ish. NCIS/Season 6/Episode 17 トニーっぽい。人の名前にも-ishです。 This is a man who believes in the rule of law-ish. The legislative process-ish. The Constitution-ish. House of Cards/Season 3/Episode 11 法っぽいもの、立法っぽいもの、憲法っぽいものを信じてる男という言い方は、本質をちっとも理解してないという響き。 We're not platonic.

続きを読む

プロフィール画像

海外ドラマの中の英語

海外ドラマで見つけた面白い英語表現や番組自体の感想なんかをほぼ毎日更新してます。自分はバリバリの理系。海外ドラマを見ていたら英語ができるようになりました

英検1級

TOEIC:960