「Soup Kitchen(スープキッチン)」の意味とは?

海外ドラマを見てると、「soup kitchen」なる、なんだか美味しそうな匂いがしてくる言葉が登場します。

『ビッグバン★セオリー』では、スチュアートのライバルコミック屋オーナーが、スチュアートに「モカ、スコーン、あるいは、スープキッチンの場所」を申し出る場面。

男: How about you, Stu? Mocha? Scone? Directions to the nearest soup kitchen?
『ビッグバン★セオリー』で、ライバルのコミック屋はスチュアートにスープキッチンの場所を知りたいか皮肉
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

これなんか、日本人からすると意味分かりませんよね。全部良さげなのばかり。でも、コメディに慣れてる人なら、3番目は通常オチに使われるので、「soup kitchen」に何か裏の意味があるのが分かります。

次の『ギルモア・ガールズ』では、パリスがスープキッチンでのボランティアを断られたことを語るシーン。

パリス: It’s Thanksgiving. You’d think they’d have needs. Nope. Every stupid soup kitchen in town turned me down because they have enough volunteers.
『ギルモア・ガールズ』で、パリスはスープキッチンでのボランティアを断られる
Gilmore Girls [Credit: The WB]

実は 「soup kitchen(スープキッチン)」って、「貧しい人に無料で食事を提供する場所」のことなんですよ。

だから、『ビッグバン★セオリー』では、「モカ、スコーン、あるいは、スープキッチンの場所」でちゃんと落ちているのですし、パリスは大学の内申点を上げるためスープキッチンでボランティアしたかったのに、できなくて怒ってるわけですね(笑)

soup kitchen

a place set up to provide soup and other basic food as a charity or in time of disaster.

チャリティや災害の際にスープや基本的な食事を提供する場所

海外シットコムでの「スープキッチン」回

さて、面白いのは、海外シットコムでこの「スープキッチン」が出てくる特有のエピソードがあるんです。しかも、感謝祭(Thanksgiving Day)なんかのホリデーシーズンにボランティアで行くのが定番中の定番。上の『ギルモア・ガールズ』のパリスも感謝祭でしたね。

『ビッグバン★セオリー』の「スープキッチン」回

『ビッグバン★セオリー』では、ハワード、ラジ、バーナデットが「スープキッチン」でボランティア。この回はTESLAのイーロン・マスクが出演するとしても有名ですね。

『ビッグバン★セオリー』で、「スープキッチン」でボランティアをするメンバー
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

『ママと恋に落ちるまで』の「スープキッチン」回

テッドとロビンが「スープキッチン」にボランティアしに行くと、既にバーニーがボランティアしてるシーン。

 『ママと恋に落ちるまで』で、「スープキッチン」でボランティアをするメンバー
How I Met Your Mother [Credit: CBS]

以上のように、既にちゃんとした施設があるので、日本語の「炊き出し」とはかなり違うイメージですね。

『ベター・コール・ソウル』での痛烈な批判

なお、『ギルモア・ガールズ』のパリスもそうですし、『ビッグバン★セオリー』のハワードも『ママと恋に落ちるまで』のテッドも実はそうなんですが、「スープキッチン」は人手が多すぎて断られるのもお約束なんですよね。感謝祭シーズンはみんなボランティアしたくなるんです。

でも、その風潮を批判するセリフが『ベター・コール・ソウル』にあるんですよね。

キムが男に「1年に一回感謝祭にスープキッチンに行って気持ちよくなってるだけ」と言われる場面。まさしく、上で出てきたキャラ達に言ってるみたいじゃない?(笑)

男: You go to a soup kitchen once a year on Thanksgiving. That makes you feel a whole lot better about yourself.
『ベター・コール・ソウル』で、キムは男に怒鳴られる
Better Call Saul [Credit: AMC]

最後に

今回は海外シットコムの「スープキッチン」回を通して、「soup kitchen」という文化を学びました。そして、ホリデーシーズンだけ人々がボランティアしに行くという薄っぺらな風潮に対する警鐘もありました。

こういったことが学べるのが、海外ドラマ視聴の良いところですね。英語だけでなく文化まで学べてしまう。

ま、スープ屋始めるとしても「スープキッチン」という名は避けたほうがいいかもしれませんね。

それでは〜