「Never Gets Old」の意味

never gets oldは、ある意味以前紹介したclassicによく似た表現です。決して古びない=今でも新鮮=古典的傑作というニュアンス。これがよく使われるのはジョークに対してなので、「今でも笑える」とか「いつやっても面白い」という意味だったりもします。使われ方は、主語itを付ける場合もあるし、省略してnever gets oldだけのときも。三単現のsはあったりなかったりですが、ある方が支配的かな。

とつまらない説明はこの辺にしておき(笑)、実際の使われ方を海外ドラマからピックアップしていきましょう。何が古びれないのかも注目です。

『ビッグバン★セオリー』ではシェルドンジョーク

女友達に結婚のことで相談するレナードですが、その友達は「結婚? シェルドンと?」と茶化し、レナードは「never gets old」です。シェルドンとレナードは仲良しなので、昔から二人の結婚ジョークがされていたことが分かりますね(笑)

レナード: I got married recently.
女友達: Oh, congratulations! To Sheldon?
レナード: Never gets old.
『ビッグバン★セオリー』で、女友達にシェルドンと結婚したとかわかわれるレナード
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

『ギルモア・ガールズ』ではボーリングジョーク

ルークのダイナーでバイトしてるザックは、客から変な注文を受けます。ルークに聞くと、それはボーリング用語に掛けたダジャレということで、Never gets oldと言うルークでした。多分よくあるダジャレなんでしょうね。これはネイティブのザックも掴めないくらいなので、難易度も相当高い。

ザック: And those guys in the corner were asking me if I had a pack of lucky strikes or a burger to spare, whats that about?
ルーク: Bowling humor – strikes, spares. Never gets old, guys.
『ギルモア・ガールズ』で、ダイナーの客が行った古いジョークに笑うルーク
Gilmore Girls [Credit: The WB]

『コブラ会』では肩に飴のいたずら

サマンサは友達との不仲で、学校でいじめられるようになります。今日はいつの間にか肩に飴が乗っけられていました。それを「Really never gets old」と強がりです。このように、学校でのいたずらは大体「never gets old」ですね。背中に「殴って下さい」と書いた紙を貼られたり(笑)

サマンサ: Thanks for the Blow Pop, guys. Really never gets old.
『コブラ会』で、サマンサは学校でいじめられる
Cobra Kai [Credit: YouTube Premium]

『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』ではオヤジギャグ

フィンチは今回の事件の容疑者を特定します。しかし、ジョンはそれを茶化して「マシーンで二重確認しなくていいのか?」とします。というのも、マシーンの方がフィンチより賢いからですね。これにはフィンチも「that joke never gets old」です。ここは主語があるパターン。

フィンチ: Safe to say he’s our perpetrator.
ジョン: I don’t know, sure you don’t want to double-check with your machine?
フィンチ: Yes, that joke never gets old.
『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』で、フィンチは容疑者に追いかけられる
Person of Interest [Credit: CBS]

最後に

今回紹介の「never gets old」は、このようにジョーク・いたずらなんかに使われることが多いですね。主語が付かないパターンの方が若干多い感じです。そして、主語が付く場合も「it never gets old」と「it」がマジョリティ。

昔から使われていて、今でも面白い日本語ジョークってのがすぐに思いつきませんが、ジョーク以外にも、何回やっても古びれない、いつでも新鮮なことに使える表現です。吉本のコテコテのお笑いとかそうかもしれません。それでは〜


クラシック↓