検察(助手へ): Where’s he going with this? “IDK.” What does that mean? Is that a black thing?
『アンブレイカブル・キミー・シュミット』で、キミーの裁判
Unbreakable Kimmy Schmidt [Credit: Netflix]

ネットスラング「IDK」の意味って?

ネットをしてると、掲示板やSNS、YouTubeのコメント欄等で「IDK」という略語がよく使われます。これの意味ってなんだかご存知でしょうか? 「知らないよ」「分からないよ」って人が結構いると思います。この記事では、このネットスラングIDKの秘密に迫っていきます。

ところで、実は、もう既にIDKの意味が上で出てきてるんですけど、どれだか分かりますか? 未だに「知らないよ」「分からないよ」でしょうか?

はい、そろそろクドくなってきましたね。すみません。

実は種明かしをすると、IDKは「I don’t know」の略なんです(笑) なんじゃそりゃw

idk

(text messaging, Internet, slang) Abbreviation of I don’t know.

(テキストメッセージ、インターネット、スラング)「I don’t know」の略

ほらね、既に出てきてたでしょう(笑)

冗談はさておき、IDKがネットスラングのためか、英語ネイティブでもなんのことか分からないという状況が発生するのはなかなか面白い状況です。

冒頭に挙げた『アンブレイカブル・キミー・シュミット』の例もまさしくそうで、裁判で弁護側がとんでもない話をし出したのを見て、検察官は横の助手に「Where’s he going with this?」と小声で聞くんですね。相手の弁護士が話してるんで、助手は声を立てないよう、よくある黄色いメモパッドに「IDK」と書くんです。そのIDKの意味を分からない検察官は、助手が黒人であることから「black thing?」と頓珍漢なことを聞きます。このthingは「黒人ネタ?」「黒人特有のやつ?」みたいな感じで、日常会話でのthingの一つの用法ですね。いずれにしても、この黒人の助手はIDKで「分からないよ」と言いたかったのでした(笑)

Urban Dictionaryでの「IDK」の定義

さて、Urban Dictionaryといえば、今までも「Gullible」や「Apple」まで、面白い説明を紹介してきましたが、この「IDK」に関してもクスッと笑える定義が載ってましたので紹介しましょう:

idk

A mysterious abbreviation. No one actually seems to know what it means.

不思議な略語。その意味を知る者は誰も居ないようだ・・・

となっていて、「I don’t know」の意味を知った今なら、ギャグになっているのが分かりますね(笑)

最後に

今回はネットで頻出するネットスラング「IDK」について見てみました。意味は「I don’t know」という、一度知ってしまえば味気ないものですが、知らないとなんの意味だか全く分からない(IDK)という難儀な略語だと思います。

それでは〜