役者のすごみ

役者というのは役のためなら自分の肉体をコントロールしなければいけない過酷な職業。

ぽっちゃりの役が与えられれば、運動せずに高カロリーの食事を続けてふっくらさせるし、マッチョな役なら撮影までに自分の体を鍛え上げるのも厭わない。

しかし、急遽デブになれとなったら話は別。しかも、テレビ番組で「来週のエピソードは肥満役ね」といわれて即太れる人はいないでしょうね。

Fat Suitのありがたみ

そんな時重宝するのがfat suit。いわゆる、デブの着ぐるみですね(笑)

fat suit

a prosthetic costume that makes the wearer appear to be fat, typically worn by an actor playing the role of a very overweight character

人工的なコスチュームで、着る者を太って見えるようにする、典型的には、太り過ぎのキャラを演じる時に役者によって着られる

New Oxford American Dictionary

海外番組の中のファットスーツを着た人たち

今回は、自分が見た海外番組の中に出てきたfat suitを着たキャラを以下集めて、新しい方から時系列順に並べてみました。

2018: 『欲望は止まらない!』のパティ

激やせして美人コンテストに出る前のパティです。口の周りだけ本物ですね。

『欲望は止まらない!』で、痩せる前の太ってるパティ
Insatiable [Credit: Netflix]

2013: 『ビッグバン★セオリー』のレナード

これは未来想像回のレナード。こんな人絶対いると思う。

『ビッグバン★セオリー』で、デブレナード
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

2012: 『Key and Peele』のキー

『Key and Peele』のスケッチ「Froyo Shop」でもfat suitsが使われていますね。本当にいそうな女性。

2007: 『名探偵モンク』のデイル

モンクの仇敵デイルもfat suitを着ています。首の周りがごっつい。腕まで太ってるのはすごい細かさ。

『名探偵モンク』で、太ってる悪役Dale the Whale
Monk [Credit: USA Network]

1998: 『フレンズ』のモニカ

フラッシュバック回。いわゆるデブモニカ。かわいい。

『フレンズ』で、デブモニカと若いレイチェルのフラッシュバック
Friends [Credit: NBC]

1989: 『フルハウス』のジョーイ

未来想像回のジョーイ。顔は特に何もせず、服の下に何か入れボリュームがあるよう見せてるだけ。 

『フルハウス』で太ってる未来のジョーイ
Full House [Credit: ABC]

こうしてみると、1989年から1998年の間に、fat suitに関しなにか技術的ブレイクスルー(?)があったということでしょうか?

最後に

昨今Deep Fakeなどが取り沙汰されているように、今後はCGの大幅な技術革新で、fat suitも必要無くなるのかもしれませんね。役者は全身緑色のクロマキースーツを着ればいいだけだったりして(笑) 

って、それは、とんねるずのモジモジくんじゃんw それでは〜